経済目線にこだわります! ゆうがたサテライト

“こなもん”小麦粉と景気の関係 麺・お好み焼き… 2月3日(金)

放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド

お好み焼きや焼きそば店など、小麦粉系のお店を飲食業界ではコナモンと呼びます。 景気が悪くなると、飲食店の単価は落ち、原価の高い牛肉やコメなどの店が減り、コナモンが増えます。 逆に景気が良くなると、コナモンの出店は減ります。 総務省が調べている全国のお好み焼き・たこ焼き店数を見ると、ここ最近は2,000店ペースでコナモンが減っています。 実際のところ、景気はいいのでしょうか?悪いのでしょうか?

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

最新ニュースランキング