2012年6月6日

信州あづみ野の名刑事

道原伝吉の捜査行 長崎・雲仙・島原 湯煙地獄

キャスト

道原伝吉 ・・・ 松平健
道原康代 ・・・ 斉藤慶子
中留浩介 ・・・ 内藤剛志
中留詩子 ・・・ 大谷直子
淡路陶子 ・・・ 野村真美
四賀課長 ・・・ 平泉成
川尻星輝 ・・・ 鳥羽潤
伊吹刑事 ・・・ 斉藤暁
あらすじ

安曇野の山道で、画家の中留浩介(内藤剛志)が何者かに腹部を刺され殺害された。現場に急行した安曇野北署の刑事・道原伝吉(松平健)と新人刑事の吉村(篠田光亮)は、目撃者の証言から、中留が「一切闇処(いっさいあんしょ)…自業自得だ…あの女に刺されるなら仕方がない…」と言い残し亡くなったことを知る。その言葉を裏付けるように、現場付近では赤いリボンの登山帽をかぶった不審な女性が目撃されていた。
中留は地獄絵図と菩薩の絵を描く長崎県雲仙在住の画家で、新作を描くために安曇野に来ていたという。中留が言い残した「一切闇処」とは、18種類あるという大叫喚地獄の1つで、婦女子を犯した者や人妻を奪った者が堕ちる地獄を指すことが判明する。道原は、遺体を引き取りにやって来た中留の妻・詩子(大谷直子)と弟子の川尻星輝(鳥羽潤)に、中留の最期の言葉を伝え心当たりを尋ねるが、中留と愛人関係にあった女性は大勢いてわからないとの答えが返ってくる。
その夜、吉村は道原の家に招かれ、道原の妻・康代(斉藤慶子)たちから歓待を受けることになった。同じ頃、遠く離れた長崎県雲仙の観光名所・大叫喚地獄では、九州新聞の記者・重見竜也(大城英司)が顎の下を刺されて殺害される。翌日、雲仙中央署から安曇野北署に事件の一報が入った。重見の手帳に中留と会う約束が記されていたことや、遺体の近くから中留が描いた地獄絵の複製画が発見されたことを聞かされた道原は、2つの事件は繋がっているのではないかと直感。四賀課長(平泉成)に直談判し、吉村とともに雲仙へと向かう。
雲仙中央署の捜査会議に出席した道原は、2つの事件は関連していると主張するが、雲仙中央署の伊吹刑事(斉藤暁)と真っ向から意見が対立してしまう。しかし、遺体のそばに置かれていた中留の地獄絵「吼々処」は、「一切闇処」と同じ大叫喚地獄のうちの1つで、嘘をついて他人を陥れた人間が落ちる地獄を描いたものだった。道原は、やはり2つの事件には繋がりがあることを確信する。
その晩、大松閣という旅館に泊まることになった道原たちは、館内に中留の絵が飾られていることに気付く。聞けば、女将の淡路陶子(野村真美)が好きなのだという。そこで中留が描く菩薩絵を初めて目にした道原は、菩薩の左目の下にほくろが描かれていることに気付く。その後、中留が描いた菩薩には全て左目の下にほくろが入れられていたことを知った道原は、菩薩にはモデルとなった女性が存在し、その女性が事件のカギを握っているのではないかと睨み、事件の真相を追い始めるが…。

スタッフ
【原作】梓林太郎(『雲仙・島原湯煙地獄』光文社文庫刊)
【脚本】安井国穂
【監督】佐々木浩久

エンディング曲

こころが
坂本冬美
EMIミュージック・ジャパン
http://fuyumi-fc.com/(PC/携帯)
『また君に恋してる』のヒット以降 演歌だけでなくJーPOPテイストの作品への挑戦を続けてきた坂本冬美。
新曲”こころが”は2012年最初のニュー・シングルとして3月30日にリリース。初のコラボレーションとなる“松尾潔”の手による美しく、せつ ないラブ・ソング。心に染みる名曲。

ページトップへ