2012年12月26日

特命おばさん検事!

花村絢乃の事件ファイル

キャスト

花村絢乃 ・・・ 麻生祐未
岡田幸喜 ・・・ 高橋英樹
有沢達郎 ・・・ 原田龍二
宇治谷巌 ・・・ 温水洋一
須田武彦 ・・・ 正名僕蔵
浅井法子 ・・・ 山田麻衣子
大山孝蔵 ・・・ 若林豪
中村倫子 ・・・ 沢田亜矢子
渡部守 ・・・ 敦士
加賀哲夫 ・・・ 井上純一
花村真理 ・・・ 疋田英美
戸田ツトム ・・・ 野澤祐樹
戸田由美 ・・・ 若尾夏希
野本俊夫 ・・・ 加納健次
野本絹江 ・・・ 福井裕子
金井浩二 ・・・ 小澤雄太
あらすじ

夫の加賀哲夫(井上純一)と離婚後、娘の真理(疋田英美)と暮らしている主婦の花村絢乃(麻生祐未)は、特命で検事に任命されることになった。元判事だった絢乃の亡父が、東京地方検察庁の検事正である岡田幸喜(高橋英樹)に遺言し、それを受けた岡田が検察庁法第18条の3を適用して絢乃を検事に任命したのだ。絢乃は司法試験を受けたことすらなかったが、検察庁法第18条の3には「大学の法律学の教授または准教授の職に3年以上在った者は検事に特別任用される資格を持っている」と記されており、絢乃はこの条件を満たしていたのだ。
早速、絢乃は刑事1部に配属されることになった。刑事1部は、部長の須田(正名僕蔵)を筆頭に、検事の浅井(山田麻衣子)、渡部(敦士)、事務官の宇治谷(温水洋一)らが所属していた。しかし、絢乃の存在が気に入らない須田は、絢乃を辞めさせようと画策。まずは、東京簡易裁判所墨田庁舎にある東京区検察庁道路交通部墨田分室で、「三者即日処理」に立ち会うよう命じる。これは、交通違反で違反切符を切られた人が、警察、検察庁の取調べから、簡易裁判、罰金の納付までを1日で行うことで、通常、事務官上がりの副検事が行くことになっていた。
須田の嫌がらせと知りつつも絢乃はそれに臨むが、妻と子どもがいながら酒気帯び運転で捕まった18歳の戸田ツトム(野澤祐樹)に説教をしたところ、口論になってしまい、須田からますます怒られることになってしまう。さらに、その後も須田による嫌がらせは続き、絢乃は新人ながらも、被疑者が容疑を否認したまま送致されているという難しい案件の担当を任されることになってしまった。
不動産会社を経営している野本俊夫(加納健次)が殺害されたその事件の被疑者は、なんと以前三者即日処理で絢乃が口論になってしまった戸田ツトムだった。野本はツトムの母親が経営するスナックに立ち退きを迫っており、再三嫌がらせ行為にも及んでいた。逮捕の決め手となったのは、現場付近で発見された凶器と携帯電話からツトムの指紋が発見されたことだったが、ツトムは容疑を否認したまま送致されていた。
仮に裁判でツトムに有利な証拠を弁護人が出してきた場合、検察側は負ける可能性もあり、もし負ければ今後の絢乃のキャリアに大きな傷がつくことを意味していた。しかし、絢乃は進んでこの事件の担当を引き受ける。
絢乃は先日の三者即日処理の際、ツトムが身重の妻をいたわっているのを目撃しており、そのような人間が犯罪を起こすのか、疑問に感じていた。絢乃は特捜部のエース・有沢(原田龍二)にアドバイスを受けながら、真相の解明に乗り出すが…

スタッフ
【脚本】土屋六郎
【監督】中前勇児

エンディング曲

Crying
スターダスト・レビュー
テイチクエンタテインメント
スターダスト・レビューオフィシャルサイト:http://www.s-d-r.jp/
デビュー30周年を経て放つ、スターダスト・レビュー、2012年3枚目となるニュー・シングル「Crying」。(2012年11月21日発売)
過去の思いを内に秘め、今と向き合う主人公の優しく切ない心情を見事に描き上げた極上のバラードとなっており、聴者に様々な“あの時”を思い起こさせ、感動を呼ぶことでしょう。

ページトップへ