テレビ東京 2007年1月3日(水)夜8:54~11:25 2007年1月3日(水)夜8:54~11:25
たけしの新・世界七不思議 たけしの新・世界七不思議 たけしの新・世界七不思議
出演者:北野武・大江麻理子 出演者:北野武 大江麻理子 たけしの新・世界七不思議
 今から2000年前、ギリシャの数学者にして旅行家、フィロンは人類史上初めて「世界七不思議」を提案し、人類の歴史に驚嘆し、さらに敬意を表した。 その七つの不思議とは「エジプトのピラミッド」「バビロンの空中庭園」「オリンピアのゼウス像」「アレクサンドリアの灯台」…などである。しかし、フィロンが選んだ七つの「不思議」は、エジプトのピラミッドを除いて2000年の歴史の中に消え去ってしまった。
 そこで今回、ついにビートたけしが重い腰を上げた!ビートたけしが21世紀のフィロンになり、現代の新・世界七不思議を決定する!!
謎の空中庭園「マチュピチュ」 天井に一番近いモニュメント「楽山大仏」 謎のメッセージ「ナスカの地上絵」
 一説には優れた文明を持った超古代人が1万年前に作ったとされるマチュピチュ。東京ドーム2つほどの敷地に無数の建物が並ぶ。人力のみで作るには100年はかかるとされる守護殿の精巧な石積み、高度な灌漑技術など、様々な謎に満ちている。
  しかし最大の謎がまだ残っている。それは一体何のために、あのような山の頂に作られたのか?!

  今回の取材で新たな説が浮上!
  ある日人が忽然と姿を消した謎をも解き明かす新たな発見が!! 果たして新・世界七不思議入りは出来るのか!?
  1200年前、玄宗皇帝の時代の名僧海通により90年かけて完成したとされる楽山大仏。そこには隠された「驚くべき知恵」と「高度な技術」が秘められていた!
  崩壊を防ぐ高度な排水設備、水難事故を激減させた秘密など、様々な謎に包まれた楽山大仏。そこには海通の並々ならぬ情熱があった!!

  今回、その海通が大仏建立をするまでの険しい道のりを紹介。果たして新・世界七不思議入りは出来るのか!?
  1920年代後半、定期飛行便のパイロットによる発見され、今までに動植物の絵30点、幾何学模様220点、直線760点以上確認されているナスカ地上絵。なぜ今まで地上絵は消えずに残っていたのか?そして、一体何の理由で?誰がどのようにして描いたのか?
  これまでにも謎の解明に挑んできた研究者により「宇宙人説」「カレンダー説」「巡礼の道説」など様々な説が発表されている。

  今回の取材では偶然にも新たな地上絵を発見! それはこれまでにない「人間」を描いたものだった!今までにも動物や植物を描いたものが多く、 人間を描いたとされるものはまだ1点しか確認されていない。  「屈葬された女のミイラ」のように見えるこの地上絵に  一体、何のメッセージが隠されているのか!? 世界的スクープ!?衝撃の初公開映像が明らかになる!! 果たして新・世界七不思議入りは出来るのか!?

2007年1月3日(水)夜8:54~11:25
[2006-2007年末年始特番表はこちら]
テレビ東京