なるほどストリート|毎週月~金曜夕方5:20/BSジャパン 毎月最終水曜 夜5:58

出演者

2016.05.16-20 O.A.

駒沢通り

今週は駒沢通りを柿の木坂から環八通りまでお散歩します。 ロケ当日はあいにくの雨。しかし、なるほど先生はそんな中でも いろんな事を教えてくれます。更に路地裏の名店やオリンピックのなるほどまで 今週も見どころ満載です。

榊原郁恵

村瀬哲史(予備校・地理講師) 門倉貴史(経済評論家) 前田大輔(心理カウンセラー)

スポット情報

キャトル柿の木坂店
有名なうふプリン(うふはフランス語で卵の意)を販売しているキャトルの本店。他の店舗とは違い、プリンやケーキ、パン以外にもカフェがあり、カフェでは、低温熟成の自家製酵母パン、フードメニューなどを食べる事ができる。また、内装にもこだわりがあり、有名な建築家に作ってもらったという壁や装飾品にもこだわりがある。
小林豆腐屋
2代続く豆腐店。この地域で昔から愛されている豆腐店で、この周辺の保育園と小学校、老人ホームに豆腐を配達している。
松竹園
3代続く盆栽作り、販売を行っている。日本盆栽共同組合にも所属しており、盆栽相談・個人指導による盆栽教室もおこなっている。
駒沢オリンピック公園周辺
駒沢オリンピック公園
1964年に行われた東京オリンピックの際に整備され、現在も複数の運動施設があり、運動公園として使用されている。
オリンピックメモリアルギャラリー
1964年の第18回オリンピック東京大会を中心に、オリンピックの諸資料を展示している。聖火リレートーチ(1.2kg)など競技に使われた用具に直接手で触れて、その重さを体感できるほか、種目別の特別企画展を一ヶ月毎に開催している。スポーツを体験・体感できるゾーンがあり、世界の記録などを身近に感じることもできる。
かっぱ
住宅街の中にひっそりとたたずむ、煮込み専門店「かっぱ」。
メニューは、御飯、茶漬け、漬物のほかは煮込みのみ。アルコール類も一切置いていない。そんなストイックな煮込み専門店は20年を超えて営業している老舗店で現在で3代目になるのだという。煮込みは牛バラ肉とこんにゃくを味噌ベースの煮汁と生姜で煮込んだ一品。
若鳥専門店 鳥忠
世田谷には無さそうなお肉屋さん「鳥忠」。創業40年で、現在2代目の息子さんが継いでいる。前日にしめた鳥を都内でおろして店頭で販売している。現在2種類の鶏肉を置いている。3年前ぐらいから今の銘柄にしたそう。生肉とお惣菜が売っていて、生肉はもも肉が、お惣菜は唐揚げが一番人気。唐揚げは多い日で70人前は揚げるそう。お客さんは近所の方が多い。焼き鳥(110円〜)ポテトコロッケ(100円)深沢メンチ、ハムカツ、チューリップ、もも焼き(390円)を食べながら歩く事ができる。
中米スペシャルティコーヒー焙煎専門店「Café Tenango」
カフェテナンゴは、店主栢沼(かやぬま)良行さんが中米6ヶ国で独自で見つけてきた豆のみを販売しているコーヒー豆専門店。ここでしか飲む事のできないコーヒーを飲む事ができる。
 ショーケースには、フタ付きのアクリルケースに入った希少なコーヒー豆のみが並んでおり、白い布手袋をつけて取り扱われる店。
喫茶店では無いが、購入するコーヒー豆を選ぶ際に2種類まで無料にて試飲ができる。
(3種類目以降は1杯600円)
キャッスル
昔ながらのパンを作り続ける人気のパン屋さん。1987年創業で、レストランを経営していた店主が作る惣菜パンも人気だが、一番人気は「シナモンロール」(300円)。パンの上にかけるのでは無く、中に巻き込んで焼いていて店主曰くどこのパンよりもふっくらしているのだという。向かいにアミューズがあるという事もあり、数えきれない程の芸能人のサインがあり、毎日の様に誰かしら訪れるのだという。
ペットショップ天秀
50年続くペットショップの店。扱っている魚の種類はお店の方でも分からないほどの量で、狭い店の中には温室もある(暑い地域の魚の為らしい)かなり珍しい魚が多く、マニアがわざわざ買いにくるほど。高いものでは100万円もする物もある(アロワナ)。
この店では、魚以外に「生きた餌」を育てておりイトミミズを育てて販売している。
ワインの木テラ
ヨーロッパなどのワインを200種類以上常備されているイタリア料理店「ワインの木テラ」
お好みに合わせた1本と出会えるというお店。
食材にもこだわりのあるシェフが作る季節の小皿料理、提授農家より届く、味の濃い野菜、メインには鴨や鹿のお肉も味わえる本格派。今年で10周年。26時まで営業しているため業界人のお客さんが多い。

バックナンバー