世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

毎週金曜 夜7時54分放送

司会:ユースケ・サンタマリア、杉崎美香

バックナンバー

2014年825放送

紛争の絶えない中東レバノンに嫁ぎ 一度も日本に帰らず 早20年 戦争を生き抜き 貧しい難民を救う日本人妻

ゴバール 正子さん(当時67歳)

  • 写真
  • 写真

戦争が断続的に起こり、現在でもテロの絶えない中東レバノン。
この国には、今でも激しい戦争の爪痕が色濃く残っている。

そんなレバノンに嫁いだ、ゴバール正子(まさこ)さん。
彼女はこの地20年も前に嫁ぎ、それ以来一度も日本に帰っていないという。

自宅のある地域は常に隣国に監視され、盗聴されている可能性があるため、
どこにいても家族と本音で語り合えない。
それにもかかわらず、正子さんはこの地で貧しい難民を救い続けている。

一体ナゼ彼女は日本から遠く離れたレバノンに嫁ぎ、貧しい難民を救い続けているのか?
そして嫁いで以来20年、一度も日本に帰らなかった理由とは?
そこには何かを得るために何かを失った波瀾万丈の人生ドラマがあった。

48歳で高齢初出産! 全てを捨てて中米の秘境コスタリカに移住したワケあり日本人妻

薬師寺 富代さん(当時62歳) 夫・英雄さん(当時64歳) 長男・亮太くん(当時14歳)

  • 写真
  • 写真

中米の秘境・コスタリカ共和国。
この国は国土の大部分が自然保護区に指定されており、
稀少な動物が数多く生息する自然豊かな国。

そんな国で、生活している薬師寺富代(やくしじとみよ)さん。
聞けば富代さん、50歳を越えて「ある理由」から家族揃って
秘境の地・コスタリカに移住することになったという。

長男の亮太くんは、富代さんが48歳という高齢初出産で産まれた大事な息子。
現在は家族3人、日本から遠く離れた異国の地で精一杯生活している。

しかし一体ナゼ、薬師寺さん一家はコスタリカに来ることになったのか?
そこには何かを得るために何かを失った波瀾万丈の人生ドラマがあった。

過去の放送一覧

さらに過去の放送はこちら
TV-TOKYO (c)TV-TOKYO