世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

毎週金曜 夜7時54分放送

司会:ユースケ・サンタマリア、杉崎美香

バックナンバー

2015年29放送

湾岸戦争とイラク戦争、2つの戦争に翻弄された
クウェートで暮らし続ける日本人妻

青山恵子さん(当時47歳)

  • 写真
  • 写真

中東湾岸の超お金持ち国家、クウェート国。
なんと8世帯に1世帯が約1億円以上の資産を持っているといわれている。
そんなクウェートに嫁いだのが、青山恵子さん47歳。
現在は夫サラさん(51歳)と長女マリアムちゃん(17歳)、次男ナセルくん(14歳)の計4人暮らし。
この他にも長男アハメッド君(20歳)と次女マハちゃん(15歳)がおり、アメリカに留学している。

クウェートでは中流階級だという恵子さんの暮らしぶりは、
結婚すると国が家と土地を2600万円分援助してくれたり、医療費や学費が無料など、
このほかにも日本では考えられない驚きの文化の連続!
一見、何不自由なく幸せいっぱいの生活を送っているように見える惠子さん。
しかし、その幸せそうな笑顔の裏には、
湾岸戦争とイラク戦争2つの大きな戦争に翻弄され続けた驚きの過去が・・・。

一体なぜ恵子さんは、日本から遠く離れたクウェートに嫁ぐことになったのか?
そして、湾岸戦争とイラク戦争に、翻弄された恵子さんの過去とは、一体何なのか?
そこには、波瀾万丈の人生ドラマがあった。

14年前に生後5ヵ月の娘を連れて
大家族と暮らすことになった日本人妻

ザマン春江さん(当時48歳)

  • 写真
  • 写真

南アジアに位置する、バングラデシュ人民共和国。
世界屈指の人口密度を誇る国で、その数なんと、日本の3倍以上。そのため、町中どこを歩いても人だらけ。
駅に至っては、線路の上に人がいるだけでも驚きなのに、なんと列車の上にまで人が溢れていた。

  • 写真
  • 写真
そんなバングラデシュの大家族に嫁ぐ事になったのが、ザマン春江さん。
彼女の家は、なんと3家族、総勢12人がひとつ屋根の下に暮らす大家族。
中でも、春江さんのお姑さんであるサレハさんは、82歳(推定)でありながら、
未だバリバリの現役で、一家12人の家事から家計簿まで取り仕切っているという。
そんな姑サレハさん指導のもと、春江さん達が作る料理はというと…
朝ご飯はカレー、昼ご飯にカレー、夜ご飯もカレー。
そう、バングラデシュは知られざるカレー大好き国家だったのだ。

しかし取材中、突然、春江さんから思わぬ一言が!
「私、小さい頃からカレー大嫌いだったんです」
それなのに一体ナゼ、3食カレーのカレー大国に嫁ぎ、その地で暮らし続けているのか?
その裏には、姑サレハさんと、大家族にまつわる、
ちょっとおかしな、波瀾万丈の人生ドラマがあったのです。

過去の放送一覧

さらに過去の放送はこちら
TV-TOKYO (c)TV-TOKYO