世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

毎週金曜 夜7時54分放送

司会:ユースケ・サンタマリア、杉崎美香

バックナンバー

2015年83放送

最高気温−40℃!シベリアの秘境・ブリヤート共和国で 日本人なら誰でも知っている、「あるモノ」を作り 現地の貧しい人達を救う日本人

小畠 博さん(当時64歳)

  • 写真
  • 写真

ロシア連邦を構成する21の共和国のひとつ、ブリヤート共和国。
この国は、冬の最低気温が−40℃にもある極寒の地。
その寒さは、濡れタオルが20秒もしないうちにカチンコチンに凍ってしまうほど…。

そこにあるバイカル湖は、
深さ、透明度、貯水量と3つの世界最高記録を持つ湖で、冬の間湖面が凍結する。
そんな凍結した湖面上を歩いていると、突然、裸の男性がなんと湖の中に!
実は、寒い国ならではの移動式のサウナがあり、サウナに入ったあと湖に入るんだそう。

そんな極寒の地で暮らす日本人が、小畠 博(おばた ひろし)さん、64歳。
彼は、日本人なら誰でも知っている「割り箸」工場をブリヤート共和国に作り、
仕事のない貧しい村人たち、およそ70名を雇い、たくさんの村人たちに感謝されている。

しかし、そもそも一体ナゼ、シベリアの秘境・ブリヤート共和国で、
「割り箸」を作ることになったのか!?

その裏には、知られざる父と子の人生ドラマがあった。

過去の放送一覧

さらに過去の放送はこちら
TV-TOKYO (c)TV-TOKYO