世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

毎週金曜 夜7時54分放送

司会:ユースケ・サンタマリア、杉崎美香

バックナンバー

2015年1123放送

経済が混乱し、治安が悪化しているアルゼンチンで
ナゼか「6つの薄給の仕事」をかけ持ちしてまで
娘2人を育て続ける ワケありシングルマザー

竹内佐知子さん(当時54歳)

  • 写真
  • 写真

日本から遠く離れた国、アルゼンチン共和国。
実は2001年に起きた“財政破綻”により国の経済は混乱。
暴動があちこちで発生し、治安が悪化している。

そんなアルゼンチンで暮らしているのが、竹内佐知子(たけうちさちこ)さん54歳。
6つの仕事をかけ持ちしながら、2人の娘を育てているシングルマザー。

いつも明るく、楽しそうに生活している佐知子さんですが、
13年前に「ある理由」から夫と離ればなれになり、
アルゼンチンでシングルマザーとして暮らすことになったのだとか。

一体彼女の過去に何があったというのか?
そこには、笑顔の裏に隠された波瀾万丈の人生ドラマがあったのです。

世界最高気温71.5℃!?世界一暑い国で
わざわざ暮らしているワケあり日本人女性

安藤はるかさん(当時29歳)

  • 写真
  • 写真

今回の日本人が住むのは、東アフリカの秘境・ジブチ共和国。
なんとこの国、日中の気温が50℃を超える世界一暑いと言われている国。

そんな猛暑の国に暮らしているのが、安藤はるか(あんどう はるか)さん、29歳。
彼女はここで、小児科の看護師として現地の子どもたちを診ている。
経済的な理由で低栄養の子どもたちが大勢いる中、日々奮闘しているはるかさん。

聞けば彼女、栃木県・宇都宮で生まれ育ち、一年前まで大学病院で働いていたというのだが、
幼いころに感じた“ある強い衝撃”がきっかけとなり、世界一暑いと言われるジブチ共和国で働くことになったのだという。

一体ナゼはるかさんはジブチ共和国へ渡り、看護師として働くことになったのか?
そこには、波瀾万丈の人生ドラマがあったのです。

過去の放送一覧

さらに過去の放送はこちら
TV-TOKYO (c)TV-TOKYO