世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

毎週金曜 夜7時54分放送

司会:ユースケ・サンタマリア、杉崎美香

バックナンバー

2016年215放送

西アフリカ・ガンビアの辺境の村で
貧しい子どもたちの為に生きる67歳の日本人女性

川島 利子(かわしま としこ)さん(当時67歳)

  • 写真
  • 写真

今回は、アフリカ大陸最小の国 ガンビア共和国。

そこに暮らしている日本人女性が、川島利子(かわしま としこ)さん、67歳。
彼女は、電気も水道も風呂もトイレもない辺境の村でたった一人、
28年間も暮らしているのだそう。

実は彼女、こんな辺境の村にいながらとんでもない潔癖性!
何かに触れるたびに手を洗わなければ気が済まないのだといいます。

それでも、いつも明るく笑顔で生活している利子さん。
「ある理由」から今では村の人々に慕われ、みんなから愛される存在に。

一体ナゼ、利子さんは日本から遠く離れたガンビアに移り住む事になったのか。
そこには、笑顔の裏に隠された波瀾万丈の人生ドラマがあったのです。

過去の放送一覧

さらに過去の放送はこちら
TV-TOKYO (c)TV-TOKYO