世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

毎週金曜 夜7時54分放送

司会:ユースケ・サンタマリア、杉崎美香

バックナンバー

2016年829放送

中東ヨルダンに嫁ぎ、
7人の大家族を支える日本人女性

林智恵さん(当時41歳)

  • 写真
  • 写真

今回の日本人が住んでいるのは、中東・ヨルダン・ハシェミット王国。
そんなヨルダンで暮らしているのが、林智恵(はやしちえ)さん、41歳。

智恵さんは7人の大家族を支えるお母さん。
実は智恵さんの両親は、なぜか昨年ヨルダンへ“後追い移住”したのだそう。
暑いため夜は外で寝たり、何でも食べ物はヨーグルトにつけて食べたり、
異国の慣れない風習の中で、日々3人の子育てに追われているといいます。
しかしそんな中でも家族7人、にぎやかに楽しく暮らしているんだとか。

一体ナゼ、智恵さんはヨルダンに移り住む事になったのか?
そして一体ナゼ、実の両親もまた、突然ヨルダンに後追い移住することになったのか?
その裏には親子の絆が生んだ波瀾万丈の人生ドラマがあったのです。

59年前に移住して地獄を味わった末、この国の大統領のおかげで、 日本のアレを広め、有名人となった79歳のおじいちゃん

松永護さん(当時79歳)

  • 写真
  • 写真

今回は、中米・ドミニカ共和国。
この国に暮らすのが、松永護(まつながまもる)さん、79歳。

59年前からドミニカに住み、
現在は3世代6人のにぎやかな家族と暮らしている松永さん。
孫を学校に送ったり、病気の奥さんに寄り添ったりする姿は
普通の優しいおじいちゃんに見えますが、ナゼか地元ではとても有名。

それもそのはず、なんと松永さんは大統領直々のお願いで“日本庭園”を造り、
ドミニカの軍に“日本の柔道の技”を教えているというのです。

しかし、ドミニカには「騙されてやって来た…」と意味ありげに話す松永さん。
一体松永さんの過去に何があったというのか?
そこには、悪夢のような出来事を何度も這い上がってきた
波瀾万丈の人生ドラマがあった!

過去の放送一覧

さらに過去の放送はこちら
TV-TOKYO (c)TV-TOKYO