世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

毎週金曜 夜7時54分放送

司会:ユースケ・サンタマリア、杉崎美香

バックナンバー

2017年26放送

「宣告された余命は3年…」難病ALSを患う夫を支えながら、女手一つ、幼い2人の子どもを育てる日本人女性

タラルセン由紀さん(当時44歳)

  • 写真
  • 写真

今回の日本人が住むのは、北欧・ノルウェー。
美しいフィヨルドや「アナと雪の女王」のモデルとなった景観が有名。
そこで暮らしているのは、タラルセン由紀さん、44歳

由紀さんは、おてんば盛りの9歳と6歳の娘の子育てに奮闘するお母さん。
あわてんぼうの一面もありますが、いろんな節約術を実践しながら
2人の娘と毎日明るく暮らしています。

そんな明るい由紀さんですが、実は旦那さんは、
日本でも「アイスバケツチャレンジ」で
有名になった難病ALSにかかっています。
有効な治療法が見つかっていないALSですが、
旦那さんのために「何かしてあげたい」と、悲しみをこらえ
日々奔走しているんだとか。

そもそも一体ナゼ、由紀さんはノルウェーに来ることになったのか。
その裏には、冷酷な運命を突きつけられた、波瀾万丈の人生ドラマがあった!

ワケあってアフリカ・ベナンへ来ることになった日本人!

内藤俊輔さん(当時30歳)

  • 写真
  • 写真

今回の日本人が住むのは、西アフリカのベナン。
そこで暮らしているのは、内藤俊輔(ないとうしゅんすけ)さん、30歳。

日本から遠く離れたベナンでは、びっくりするような光景がいっぱい。
すごいでべその子供たち、美人の条件は「わき毛」、などなど。
意外にも日本とのつながりもあり、ビートたけしさんが由来の「たけし日本語学校」や
子供に「ユリコ」など日本語の名前を付けてしまうベナン人も!

そんなベナンで暮らしている内藤さんですが、
なぜか現地の家族の家で一緒に暮らしながら中古タイヤの販売の仕事をしています。
現地の人のためにバイクの修理をしたり日本のカレーを振る舞ったりする優しい内藤さん。

しかし、そもそも一体なぜ内藤さんは、ここベナンに来ることになったのか?
その裏には知られざる人生ドラマがあった!

過去の放送一覧

さらに過去の放送はこちら
TV-TOKYO (c)TV-TOKYO