世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

毎週金曜 夜7時54分放送

司会:ユースケ・サンタマリア、杉崎美香

バックナンバー

2017年821放送

2万人のスペイン人から「ヒローシ」と歓声を浴びていた、 スペインで有名な日本人

藤井浩さん(当時46歳)

  • 写真
  • 写真

今回の日本人が暮らしているのは、スペイン第三の都市、
オレンジの産地としても有名なバレンシア。
そんなバレンシアに暮らしているのが、藤井浩(フジイ ヒロシ)さん、46歳。

俳優でもないのに、日本で言う所のNHKの「朝の連続テレビ小説」と同じような
スペインで毎日放送されている、連続ドラマにも、出演するほどの有名人。
しかし、住まいは雨漏りの酷い築100年以上だというアパートで独り暮らし!!
そんなヒロシさんはタレントでもないのに、街で写真を取られたり、
料理番組にゲスト出演をしたりと大人気!

しかしそもそも一体なぜ、藤井さんは、スペインへやって来て
日本ではなく、この地で有名人になったのか!?
そして…タレントでもないのに 2万人のスペイン人から「ヒローシ!ヒローシ!」と
大歓声を受けていた理由とは!?
その裏には、両親に迷惑をかけ続けた男の波乱万丈の人生ドラマがあったのです!

ある事で大当たりし、イタリア中で知られる事になった今年80歳になる 超有名な日本人女性!

湯崎夫沙子さん(当時79歳)

  • 写真
  • 写真

今回の日本人が暮らしているのは イタリア北部に位置する、第2の都市・ミラノ。
そんなミラノに暮らしているのが、湯崎夫沙子(ユサキ フサコ)さん、79歳。

なんと御年79歳にして携帯電話のスマートフォンと連動している
最先端の腕時計アップルウオッチを使っているフサコさん。
綺麗な夕日が見られた時には、すかさず撮影しFacebookにアップするんだとか。
他にもSNOW(顔認識アプリ)を使ったりと女子大生の様にアプリを使いこなす。
街行く学生には卒業制作として、短編ドキュメンタリー映画題材にされたりとかなりの有名人。

しかし、そもそも一体なぜ、
フサコさんはイタリアへやって来てこの地で有名な日本人になったのか!?
その裏には、無鉄砲さが思わぬ苦難を生んだ
波瀾万丈の人生ドラマがあったのです!

旧ソ連の秘境•ウズベキスタンで現地の人々の命を救った“457人の名もなき日本人” 92歳の生き証人が、その裏側を徹底証言! 

岩佐荘平さん(当時92歳)

  • 写真
  • 写真

今回の日本人が「とんでもない偉業」を達成した場所は
1991年に旧ソ連から独立した、ウズベキスタン共和国。
現在は日本で暮らしているのが岩佐荘平(イワサ ソウヘイ)さん、92歳

岩佐さんは、奥さんの玲子さんと日本で暮らし、手先の器用なおじいちゃん。
実は今から70年前、岩佐さんを含む457人の日本人はウズベキスタンに捕虜として連行され、「ナボイ劇場」の建設を余儀なくされる。
そこには、壮絶な差別、貧困。さらには大切な仲間の死が…


しかし、そもそも一体ナゼ、岩佐さんを含めた457人の日本人は、
日本から遠く離れたウズベキスタンで劇場建設に携わることになったのか?
岩佐さんを始めとする457人の日本人がウズベキスタン人の命を救うに至った
知られざる「日本人偉人伝説」があったのです。

過去の放送一覧

さらに過去の放送はこちら
TV-TOKYO (c)TV-TOKYO