世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

毎週金曜 夜7時54分放送

司会:ユースケ・サンタマリア、杉崎美香

バックナンバー

2018年57放送

カナダで大絶賛!日本のアレを広め喜ばれる日本人職人

  • 写真
  • 写真

世界第2位の国土面積を持つカナダで“日本のアレ”を広め、ナゼか現地の人から喜ばれている38歳の日本人職人。

その男性は現在、カナダ第3の都市バンクーバーで妻と2人の女の子(9歳・7歳)の4人暮らし。

食事はほぼ日本食、娘たちと些細な会話をしながら食事するのが1日の活力源だという。

彼の手掛ける“日本のアレ”は現地の人から「癒される」と評判で、その活躍は新聞やネットニュースでもたびたび紹介されるほど。

さらに「世界のオリンピック」との呼び声高い大会では、日本独自の職人技術が高く評価され、100を超える作品の中から1位を獲得。

その世界では有名な職人なのだという。

しかし、日本と西洋とでは“アレ”に対する価値観が全く違うため、日本では直面しない困難にぶち当たることもしばしば。

必要なモノがない時はすべてゼロから手作りし、日本では業者に頼める作業も自ら行う。

そのため、ひとつの作品が完成するまでに長い時間を要し、中には4年かかることもあるという。

日本にいた頃は無気力な青年だったというが、そんな彼がなぜ、日本ではなくカナダで“日本のアレ”を広めることになったのか。

そこに行き着くまでには、大切な人の死が関係する波乱万丈の人生ドラマがあった!人生に生きがいを与えてくれた人物との出会い、衝突、そして、永遠の別れ…。

今も心に抱く想いと、“大切な人”にどうしても見せたかったあるモノとは?

※更新準備中

過去の放送一覧

さらに過去の放送はこちら
TV-TOKYO (c)TV-TOKYO