佐伯 美香

2007.11.17放送
佐伯 美香 (さいき みか)
テーマ:『母親として…アスリートとして…』

バレーボールで活躍後、ビーチバレーに転向した佐伯美香選手。シドニー五輪で4位入賞を果たし、引退。妻として、母として幸せな家庭を築いていた。
しかし、心の中にはビーチバレーに対する熱い想いがあった。そんな彼女にもう一度コートの中に戻るきっかけを与えてくれたのは“家族”だった。

 

種目:ビーチバレーボール
生年月日:1971年9月25日
年齢:36歳
出身地:愛媛県
身長:172cm

■経歴
松山市立雄郡小学校、松山市立南第ニ中学校、京都成安女子高校を経て、1990年にユニチカ・バレー部に入部。
1995年ワールドカップで脚光を浴び、1996年アトランタ五輪出場の後、1997年にビーチバレーに転向、日本初のプロビーチバレーチーム・ダイキヒメッツに入団。女子ビーチバレーの第一人者として活躍し、2000年シドニー五輪で4位入賞(ペアは高橋有紀子)。
結婚のため引退、出産後、2002年にカムバック、2004年アテネ五輪の出場は逃すが、アテネ五輪出場の後輩・楠原千秋との新チームを結成して、2008年北京五輪に向けて挑戦中。