ザ・ドキュメンタリー ~息子介護の時代~
放送日
【放送は終了しました】

ナレーション

高橋克実

番組内容

その部屋には、壁一面に富士山とひまわりの絵が描かれていた。
「訪問入浴でばあさんが風呂に入るとき、白い壁だけだとつまらないでしょ」

描いたのは、54歳の男。

男は2年前、8年間自宅で介護してきた母親の首を絞めて殺害した。
「骨の髄まで疲れていたんじゃないですか。」
殺害の動機を言葉少なに、こう語った。

介護をする人のうち、いまや男性は3割超。
介護のため仕事を辞める男性は年間2万5,000人にのぼっている。

少子化や晩婚化で、
独身で働き盛りの息子が親を介護する「息子介護」が増え続けている。

なぜ、息子たちは追い込まれるのか?

「和ちゃんの中で、俺はもう息子じゃなくなったからなぁ。」
10年間、自宅で母親を介護してきたフリーライターの野田明宏さん(56)。

認知症の母を友達のように“和ちゃん”と呼ぶ。
生活は介護一色で仕事はできず、和ちゃんの年金に頼る毎日だ。

今年3月、「息子介護」本の出版を目指して仕事を再開させた野田さんは、
父親を介護する43歳の男性の取材を始めた。

2年前に介護離職した男性は、妥協を許さない“完璧な介護”を目指す。

「父を預かってくれる施設もない。
 仕事なんてしていられない。1日でいいから休みたい」と、野田さんに訴えた。

その取材中、一本の電話が…。

それは、野田さんの介護生活の終わりを告げる電話だった。
「俺みたいな人はこれから増える。
 俺たちは、介護“後”の人生をどう生きればいいのか。
 このまま生活保護になってしまう」――野田さんは危機感をあらわにした。

2008年に放送した「“母”が壊れて~息子介護の時代~」に続く
介護問題のドキュメンタリー第二弾。

今なお「介護する人」を支える仕組みのない日本の制度。その不備を問う。

 

【番組への感想・意見・相談】
musukokaigo@gmail.com

予告動画

ランキング