世界の秘境で大発見!日本食堂8
放送日
【放送は終了しました】

番組内容

好評企画の第8弾。日本から遠く離れた日本食堂を捜索。
「どんな日本食を出しているのか?」「なぜ世界の果てで日本食堂を開くのか?」という謎を解明し、
そこにある人間ドラマに迫ります!

出演者

【司会】
 名倉潤(ネプチューン)
【ゲスト】
 間寛平、河本準一(次長課長)、はるな愛、小林麻耶、絵美里

今回の日本食堂

【世界の秘境2か所で日本食堂を営む日本人】
<スバールバル諸島・「スシキタ」&ニウエ・「カイイカ」

ノルウェー領であるスバールバル諸島は人類が住む最北端の島でマイナス40℃の極寒の地。もう一方は、ニュージーランドの自治区ニウエ。共に唯一の日本食レストランで2店の移動には4日間かかるという。
オーナーの和田泰一さんは、日本人とアメリカ人のハーフとして千葉に生まれる。パニック障害、離婚など暗い過去を経て、料理経験ゼロで、水道もテレビもない家を借りてニウエに住み日本食堂をオープン。そこで彼の理想郷を発見した…
なぜ、2つの秘境で食堂を営んでいるのか?
その裏側には理想郷に救われた和田さんの秘境に対する恩返しの心が…。

【世界の豪華な日本食堂、第3弾!】

<バルセロナ・「ドス・パリージョス」>
バルセロナ旧市街にあるスペイン初の本格アジアンタパスのレストラン「ドス・パリージョス」。世界一予約の取れないレストランと言われ、世界№1レストランに5回選ばれた「エル・ブリ」のチーフシェフがオーナーとして2008年にオープン。
メ インシェフで働くのが、同じく「エル・ブリ」出身の日本人、染川武司さん。22歳でスペインに渡り様々なレストランで修業をするものの、スペイン語もまま ならない、料理への意識の違いなどがあり転々とする日々。そんな中、荷物ひとつで門をたたき「エル・ブリ」で働くことになる。厳しい「エル・ブリ」で生き 残った数少ない日本人シェフの一人。「ドス・パリ―ジョス」で出される料理は、日本食とスペインのタパスが融合した複雑かつ繊細な料理。そんな店に名倉潤 と小林麻耶が潜入!

その他、パラオ共和国の日本食堂も紹介します。

ランキング