モーニングサテライトNYスペシャル 復活の巨人・アメリカ~世界を揺らした300日
放送日
【放送は終了しました】

予告動画

番組内容

モーニングサテライトNYスペシャル 復活の巨人・アメリカ~世界を揺らした300日

金融・経済情報に特化した、民放でも異色のニュース番組「モーニングサテライト」(月~金曜朝5時45分放送)では、テレビ東京ニューヨーク支局の大江麻理子が2013年4月8日以降、300日間余り、番組のNYキャスターとして、アメリカ発の経済ニュースを取材し、伝えてきた。

この約300日の間、NYダウ史上最高値更新など、アメリカ経済がリーマンショック後の低迷から完全復活したことを象徴するニュースが相次いだ。一方で、アメリカ経済復活に伴う、量的金融緩和政策の縮小は今、新興国の株価や通貨を下落させ、その影響で日本や、当のアメリカも株価下落に見舞われている。

世界最大・最強の経済力を持つ“巨人”アメリカの復活は、なぜ世界経済の波乱要因になっているのか。アメリカ経済、節目の300日を振り返り、そこから見える「アメリカの今」を切り口に世界経済の大局を読み解く。

番組では、大江とモーニングサテライトのメインキャスターの池谷亨(テレビ東京報道局キャスター)がMCを務め、ゲストにはモーニングサテライトやWBSでNY株式市況の解説などを行っているヘッジファンドマネージャーの堀古英司(ホリコキャピタルマネジメントLCC)を迎える。
尚、池谷は、3月1日付けでNY支局に赴任。それに伴ってモーニングサテライトは2月17日から佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)がメインキャスターを務める。池谷は3月3日からNYキャスターとして番組に再登場する。

放送日時 : テレビ東京系列 2014年2月22日(土)16:00~17:15
同時放送 : TX・TVO・TVA・TSC・TVh・TVQ
出演者: <MC> 池谷亨(テレビ東京報道局キャスター) 大江麻理子(テレビ東京NYキャスター)
      <ゲスト>堀古英司(ホリコキャピタルマネジメントLCC)

みどころ

●大江は昨年4月以来アメリカの金融政策担当者へのインタビューやアメリカ議会などで取材を行ってきた。それらを中心に、モーニングサテライトが伝えてきたアメリカ発ニュースを振り返る。また、活況を呈する現地の住宅市場の現状などを新たに取材、ゲストともにアメリカ経済の行方を探る。

●アメリカ景気の復調の恩恵を受ける、日本企業のアメリカでの拠点を取材し、
アメリカ経済の現状とその波及効果を探る。

●2月3日に史上初の女性FRB(米連邦準備制度理事会)議長となるジャネット・イエレン氏、米ゼネラルモーターズのCEOに就任したメアリー・バーラ氏をはじめ、昨年から今年にかけ、企業や主要機関での女性トップの誕生が目立った。国際機関で要職を務める日本人女性を大江が取材し、女性の社会進出をめぐる日米の違いなどについて聞く。

●モーニングサテライトで大江は毎朝、自分で書いた「あいさつ原稿」を読み上げる。この「あいさつ」は30秒程度の短い時間で、その日1日の金融市場の動きを簡潔に伝えるという、番組でも重要なパートの1つ。キャスターとして自分で情報を集め、原稿をまとめる大江の日常業務や、アメリカ国内での出張取材の様子など、普段の番組では見られない舞台裏を紹介する。また、ハードな経済ニュース以外にも季節ごとのイベントやトレンドなど、数々のリポートを行ってきた大江の“街角リポート”をまとめ、現地に生活基盤を置く特派員として大江が感じたNYの街の変化などを伝える。

モーニングサテライトNYスペシャル 復活の巨人・アメリカ~世界を揺らした300日

大江麻理子コメント

NY支局赴任中に、アメリカは金融緩和政策の「出口」に向かいはじめました。そうした中で、世界経済の密接なつながりや、アメリカの及ぼす影響の大きさを改めて感じてきました。この番組では、私が取材やインタビューを通じて見てきた、およそ300日間のアメリカ経済の動きを1時間15分にぎゅっと凝縮させました。アメリカ経済のこれまでを振り返ると共に、これからを読み解く一助となれば幸いです。

モーニングサテライトNYスペシャル 復活の巨人・アメリカ~世界を揺らした300日

番組プロデューサーコメント

大江がモーニングサテライトのNYキャスターを務めた約11ヶ月間はアメリカ経済が、リーマンショック後の低迷・回復期から正常化に向かおうとする重要な節目の時期でした。番組では、その重要な時期に大江がNYから伝えてきたニュースひとつひとつの意味を改めて問い直すことで、世界経済の先行きを読むヒントを探りたいと考えています。

また、昨春以降モーニングサテライトには、「大江麻理子をきっかけに経済ニュースに興味を持った」という視聴者の方からの声が多数寄せられてきました。そうした方々に経済への興味をより深めていただけるような番組をお届けできればと思います。

ランキング