番組特選 世界の料理
2007年1月23日放送
増田アレシャさん・英成さん

カイヤに憧れるステージママ
 

99年にウズベキスタンで結婚したアレシャさんと英成さんは同年日本へ。
現在3人の子供と神奈川県に住むアレシャさん。
英成さんは会社勤めのサラリーマン。
アレシャさんの夢は3人の子供がタレントとして成功させること。
そのため日々タレント養成所でレッスンを受けさせている。
その熱心さは相当なもの。
アレシャさんは昼受けたレッスンを夜な夜な家で復習させている。
この自宅レッスンが相当ハード。
アレシャさんが合格点を出すまで子供達は寝かせてもらえないのだ。
言うことを聞かない時は容赦なく怒鳴るアレッシャさん。
熱血ステージママなのだ。
実はアレシャさんのもうひとつの夢は自分が外国人タレントになること。
ちゃんと憧れの芸能人だっている。
この憧れ芸能人が大宴会に乱入して大盛り上がり。
その芸能人とは!?

小西マリアさん・克己さん

河内弁バリバリの夫を持つイタリア奥さま
 

アニメをきっかけに日本に興味を持ったマリアさんは23歳で来日。
京都で一人暮らしをしながらスナックでアルバイトをしていた。
この時夫、克己さんを接客したことが運命の出会いとなった。
克己さんは大阪の河内生まれ。口調の激しい河内弁を話す。
おまけに元不良で外見はヤンキースタイル。
しかしマリアさんは克己さんを見ても恐がるどころか
他の客と違いHな振る舞いをしない克己さんに次第に惹かれていった。
2人の初デートはラーメン屋。
白スープのラーメンをマリアさんはある食べ物と勘違いし、すっかりファンに。
一体何と勘違いしたのか!?
その後順調に愛を育み86年めでたくゴールイン。
現在は大阪府で克己さんと子供3人で暮らすマリアさん。
克己さんはコンピューター関係の会社に勤める。
克己さんは見た目ヤンキーで、さらに言葉は荒い河内弁。
そんな克己さんだが実はかなりのこだわり派。
そのこだわりを黙って見守り手伝うマリアさん。
夫婦漫才のような抱腹絶倒の年末年始の生活を追いかけた。