元祖!大食い王決定戦 全国縦断新女王発掘戦

2010年1月1日(金)午後4時

「元祖!大食い王決定戦」出場選手募集!

番組内容

大分、新潟、滋賀、鳥取の地方予選を行う。各地の代表者1名が東京に集結、東京決戦に挑み、見事新人王に輝く。新人王は春の本選に進むシード権を得る。 地方予選では各地のご当地名物が食材として登場、戦いの場も県を象徴する観光地で行う。果たして怪物は現れるのか?!

大分予選

1回戦:大分一回戦の食材はパリッとするほど焼かれて香ばしい食感が特徴のご当地グルメ。 代表決定戦:1回戦につづきボリュームたっぷり佐伯港で一般的に食べられている漁師飯が大分代表戦(2回戦)の食材。

新潟予選

1回戦:越後栃尾で誕生した大豆製品が1回戦の食材。 代表決定戦:豪華な一品がたっぷりとかかったいかにもおいしそうな食材。

滋賀予選

代表決定戦:滋賀県の名物を使って調理された揚げものが滋賀の食材。

鳥取予選

代表決定戦:寒くなってきたときに食べたくなるおでん。その中でも一番ポピュラーともいえるアレが鳥取予選の食材。

東京決選

真冬にも関わらず19度まで気温があがりポカポカ陽気の中、行われた東京決戦には、秋の男女混合戦を見事制し女王に輝いたアンジェラ佐藤こと佐藤綾里も応援に駆け付けた。 地方予選を勝ち抜いた4名が東京の観光名所で熱き戦いを繰り広げる。 食材は決勝といえばおなじみのアレ。勝負は45分間。 MC中村有志のスタートの声で一斉に食べ始める選手たち。最初から誰も焦る様子はなく、マイペース。トップは約2分で一杯目を完食。当然まだまだ余裕の笑顔とともに元気いっぱいに「おかわり」の声をあげた。45分勝負で重要になってくるのはペース配分。スタートダッシュタイプと追い上げタイプがいるため、トップをキープしたまま勝ち抜けすることはなかなか難しい。今回も時間が経過するに連れ、ますます熾烈な戦いになっていった。今回も最後まで目が離せない。会場に息子や夫が応援に駆けつけてくれた選手はその声援に励まされつつ、最後まで戦い抜くが果たしてその結果は?!新人王に輝き、春の女王戦に出場するのは一体誰なのか?