• #
  • トップ
  • アニメ
  • 温水洋一「テレビ東京らしい"チープな感じ"で笑いを堪えるのに...

アニメ

テレ東

2018.8.6

温水洋一「テレビ東京らしい”チープな感じ”で笑いを堪えるのに必死でした(笑)」

「ナナーナ」が実写ドラマ化!温水洋一【テレ東プラス】

温水洋一「テレビ東京らしい“チープな感じ”で笑いを堪えるのに必死でした(笑)」

現在、大人気放送中の「テレビ野郎 ナナーナ」(毎週金曜夜9時54分~)は、貧乏テレビ局・テレビナナーナの撮影クルーが、伝説の珍獣・キーナのスクープ映像を撮るべくジャングルへ向かう冒険ショートアニメ。この夏、そんな「テレビ野郎 ナナーナ」を実写化! 現在「おはスタ」内で、毎週火曜日に放送中だ。


nana-na_20180730_01.jpg


そこで「テレ東プラス」は、実写版「テレビ野郎 ナナーナ」のアフレコ現場に潜入し、メインキャラクターの声を担当するビビる大木さん(七岡役)、温水洋一さん(七森役)、つぶやきシローさん(七山役)を直撃取材。第二弾となる今回は、カメラマン七森役の温水洋一さんのインタビューを届ける。


nana-na_20180806_02.jpg


――最初に「テレビ野郎 ナナーナ」が実写化されるという話を聞いて、どう思いましたか?


「『えっ、実写化!? どうやって!? あぁ~着ぐるみか~なるほどな~』と思いました。テレビ東京さんらしいチープな感じを想像していたら、まさしくそんな感じで(笑)。僕もそこそこ役者人生が長いんですけど、着ぐるみに声をあてる仕事は初めて! でも、いつもの"ナナーナ"と変わらずでしたね。ちょっとした映像と台本から想像しながら、声をあてて...。ビビるさんとつぶやきさんの掛け合いに笑いをこらえながら僕も参加させていただきました」


――お2人とのアドリブは、ドラマや映画で役者さんとするものとは違いますか?


「まったく違いますね。ビビるくんもつぶやきくんも、ボケや返しは役者のアドリブとはまったく違っていて、おそらく笑いに特化した芸人さんならではのアドリブというか...。とても新鮮に感じますし、勉強になります」


――アニメの収録では、いつも監督の文原聡さんと一緒だと伺いました。


「はい! 文原さんは、いつもスタジオの中に入って僕らと一緒にいてくださるので、そこで直接、演出して頂くことが多いんです。いつもゆる~く始まるので、台本はあるものの、どんどん変わっていきますし。"尺がこれしかないから、どこかでカットしなきゃいけない"という事情もわかりつつ、面白くてなかなか終わらないみたいな(笑)。リハーサルも、映像を軽くたしかめるぐらいでなんとなく始まりますし。雑談の中から"もう回していきましょう"って感じでしたから」


nana-na_20180806_03.jpg


――この作品には自虐ネタも多く練り込まれていますね。


「まぁ、僕も頭のこととか、自虐ネタが多いので...(笑)。自虐しすぎると痛くなってしまうんですけど、"ナナーナ"は笑いに変わるような自虐だからバランスが良くて面白いな~と思います」


――アニメの収録で苦労した点はありましたか?


「僕は何役もしていたので、ちょっと声を変えたりはしていましたが、基本楽しんで演じているので、"難しい"と思ったことはありません。また、藤波辰爾さんやムツゴロウさん、なんでんかんでんの社長さんが出演していたりするので、そんな遊び心がテレビ東京さんらしくていいなと」


――ズバリ! 温水さんから見た"テレビ東京"の魅力は?


「僕は、ドラマで結構テレビ東京さんにお世話になっているんですよ。低予算ならではのアイデアをひねり出したり、クリエイティブな人が育っているなと感じています。僕が言うのもおこがましいんですが、"自分たちで面白いものを作っているんだぞ"という気概がビシビシと伝わってきますね。そういう番組が多い気がします」


実写版「テレビ野郎 ナナーナ」は、毎週火曜日「おはスタ」内で絶賛放送中! 夏休みにぜひ、家族で楽しもう!

現在、実写版「テレビ野郎 ナナーナ」は、「ネットもテレ東」でも配信しています。

関連タグ

テレビ野郎 ナナーナ

テレビ野郎 ナナーナ
放送日時:テレビ東京系列 毎週金曜 夜9時54分

貧乏テレビ局「テレビナナーナ」の撮影クルーが、伝説の珍獣「キーナ」のスクープ映像を撮るべくジャングルへ。襲いかかる猛獣…神様の生贄にしようとする村人…ライバルの金持ちテレビ局…そして最大の敵「低予算」! 果たして、無事にキーナの撮影に成功し、高視聴率を獲得することができるのか!?

出演者

ビビる大木、温水洋一、つぶやきシロー、ほか

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧