• #

ビジネス

テレ東

2017.12.21

どん底マクドナルド復活の裏側に迫る!カンブリア宮殿

毎回様々な経済人をお迎えし村上さん、小池さんと濃密な会話が交わされるカンブリア宮殿。12月21日午後10時放送の年末スペシャルは日本マクドナルド過去最大赤字からの大復活の全貌に迫ります。

マクドナルドと言えばいわずもがなアメリカに本社を置く世界最大のファストフードチェーンです。グロバール戦略で有名なところでは「i'm lovin' it」という共通標語を使っています。一方でブランドは商品の統一ではないと言い、世界のマクドナルドでは各国ユニークな商品が展開されています。マクドナルドの最も象徴的な100%ビーフもインドの店舗では使用せず展開していたり、タイにはタイ米を使ったメニューがあったりと現地に馴染んだメニューを開発することで世界中に受け入れられているようです。それらのメニューはマクドナルド独自で考えたものでは無くお客様の求めるものはお客様に聞く、お客様の声を世界中で形にしているのです。

カサノバ.png

今回のゲストサラ・カサノバはロシアや東南アジアを経験し原田体制時日本マクドナルドへジョインしています。そんなカサノバに不運な出来事が襲います。その出来事により客離れはさらに加速し、2015年12月期決算発表時には45年の歴史で最悪な349億円の赤字へ転落してしまいます。しかし、2017年12月通期で過去最高益となる見通しです。なぜこの短期間でこれほどまでの大復活ができたのでしょうか。

昨今のマクドナルドはPokémon GOとのコラボレーションや思わず一票入れたくなるマクドナルド総選挙など、ユニークなプロモーションで度々世間を賑やかしている印象。確かにマクドナルドの昨今のプロモーションは話題になることが多いです。認知度がこれだけ高いブランドだからこそできる自分ゴト化しやすいキャンペーンを駆使した巧みな戦術です。しかし復活の本質的な要因はそれだけではなかったのです。

顧客の声.png

それは徹底した超現場主義から始まりました。47都道府県の店舗を自ら周り、気軽に客に話しかけて生の声を拾います。驚くべきCEOのこの行動。しかしこれは元来のマクドナルドのスタイルでした。このスタイルをベースにこの先カサノバはどんな戦略を取るのでしょうか。番組ではそこも徹底解明。

ここで集めた声をヒントに改革は始まります。
グランシリーズ.png
8年ぶりのレギュラーメニューで大ヒット中の新商品グランシリーズにそれは表れていました。この売れに売れているヒット商品はなぜ生まれたのでしょう。

工場.png

番組ではその答えがある工場に潜入。

バンズ.png

この甘くてモチモチのバンズがポイントのよう。このモチモチを作る秘密が工場にありました。番組ではその秘密について紹介します!

さらに中身だけではなく、客の声でも挙がっていた、食べにくさを解消するために包装紙にもある工夫が。

包装紙.png

次々と語られるマクドナルド復活劇の全貌は必見です。ビジネスパーソンには、そのノウハウひとつひとつが参考になるはず。トリッキーな策ではなく、マーケティングの本質をついた施策を徹底する強さを感じます。お客様のニーズを知り、己を知り、実行して届ける。改めてマーケティングの難しさ、面白さを感じずに入られません。

番組ではさらに2004年に衝撃的なニュースとなった、日本のホテル・リゾートを牽引してきた西武の不祥事、西武鉄道上場廃止などの転落からの復活劇も合わせて紹介。年末に、今年1年を振り返り、来年の目標を改めて考えるこの時期に大きなヒントが得られるはずです。

今回12月21日は1時間30分のスペシャルです。ぜひお見逃しなく。

【番組名】日経スペシャル カンブリア宮殿

【放送日】2017年12月21日午後10時00分〜11時24分

【ゲスト】日本マクドナルド社長 サラ・カサノバ

     西武ホールディングス社長 後藤高志

【出演者】村上龍 小池栄子

【H  P】http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

関連タグ

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

カンブリア紀・・・ 地球で起きた生命の大爆発。 次なる進化を求めて生物が一斉に誕生した。 あれから5億5000万年・・・ 平成の時代に起きた経済の大変革。 未来の進化を担って、 今、多種多様な人物が次々と誕生している・・・ そんな"平成カンブリア紀の経済人"を迎える、 大人のためのトーク・ライブ・ショー。

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧