• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 職人から主婦まで殺到する異色の衣料チェーン【ワークマン】の人...

ビジネス

テレ東

2018.2.21

職人から主婦まで殺到する異色の衣料チェーン【ワークマン】の人気の秘密に迫る!:カンブリア宮殿

カンブリア宮殿【働く人を幸せにする!職人から主婦まで殺到!異色の衣料チェーン】
放送日時:2018年2月22日(木)22:00~22:54



ユニクロに匹敵!?2900円あったかストレッチブルゾンが大ヒット!作業服チェーン「ワークマン」の人気と価格の秘密に迫る!



ユニクロに匹敵!? あったかブルゾンが売れまくりの秘密


cambria_0222_01.jpg


厳しい寒さとなった今年の冬、ワークマンでは、防寒性能に優れたブルゾンやジャンパーを取り揃え、中でも驚くほど軽くて温かいと評判のストレッチブルゾンが大ヒット商品となっていた。アウトドアショップなら数万円はしそうなブルゾンが2900円(税込)という破格の値段なのも人気の理由のひとつだ。


実は、この店、もともとはワークマンの名が示す通り、働く人のための作業服や軍手、安全靴などを専門に売っていた作業服チェーン。それが、「プロが認める機能性で、しかも安い」とSNSや口コミで広まり、一般の人も「普段着に良い」と買い求めるようになったのだ。


今や北は北海道から南は沖縄まで全国816店(2018年1月現在)にまで拡大、国内の店舗数では、あのユニクロにも匹敵するほどの大勢力となった。



【働く人が幸せになる!ベア3%も実現中】


cambria_0222_02.jpg


新年、ダルマに目を入れるのが、恒例行事となったワークマン率いる栗山。6期連続増収増益と業績は絶好調だが、3年連続で社員の給料の3%ベースアップを実現、冬のボーナスも大幅アップと大盤振る舞いしている。


実は現在、社員の給与を5年で100万円引き上げるプロジェクトが進行中なのだ。一方、ワークマンの店舗は、「夫婦」経営が基本のフランチャイズ制。そこでも、働きやすいシステムがある。1980年に1号店がオープンしたワークマン。


cambria_0222_03.jpg


当初は、群馬の流通チェーンベイシアグループ(当時はいせや)から作業服コーナーだけが独立してできた店だった。珍しい作業服専門のチェーンとして、順調に成長していくなか、2008年のリーマンショックの翌年、社長に就任した栗山は、減り続ける労働人口に危機感を募らせ、カジュアル化への道を決断する。だが、作業服専門にやってきたオーナー店長たちからは、「本当に売れるのか」といった疑問の声や、予想外の反発が相次いだ。どう乗り越えたのか?



【まさかの時に役立つ!強みとは】


cambria_0222_04.jpg


ワークマンは、まさかの時に役立つのも、大きな強み。2年前の熊本地震でもすぐさま支援に動き、店への応援部隊の派遣と、軍手6000組や耐油手袋などを被災地へと送った。また、東日本大震災での経験がきっかけでワークマンの商品は災害時にこそ必要とされるという認識が広まっている。災害の際に、「あって助かった」と人気になった商品の数々とは!?


出演者
【ゲスト】ワークマン社長 栗山清治
【メインインタビュアー】村上龍
【サブインタビュアー】小池栄子


【ホームページ】http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/
【公式Facebook】http://www.facebook.com/cambrian.palace
【公式Twitter】https://twitter.com/cambrian_palace

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

カテゴリ一覧