• #

ビジネス

テレ東

2018.5.9

予約1ヵ月待ち”奇跡の歯科” 人生を決める最新治療:未来世紀ジパング

SHELLYが「未来世紀ジパング」に復帰!

予約1ヵ月待ち“奇跡の歯科” 人生を決める最新治療:未来世紀ジパング

5月9日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」(毎週水曜夜10時~)は、"歯"にまつわる最新事情をレポートする。歯科ロボットや"歯の銀行"など未来を先取りするかのような画期的な取り組みを紹介しながら、様々な角度で日本とアメリカの最新治療を徹底比較する。

そして今週から、SHELLYがメインキャスターとして復帰! 今年1月に第2子を出産してからテレビ出演は「未来世紀ジパング」が初となる。
「ただいま! ありがとうございます。おかげさまで毎日寝不足でございます(笑)。でも新鮮です。いつものスタジオに戻ってきて、皆さんの顔を見て...」と明るくコメント。今回の放送を見て、「自分の歯は大丈夫かな?」と改めて心配になったというSHELLY。彼女の復帰最初の"MCぶり"も合わせて注目だ。


「治療しない歯科医」に患者が殺到!


ある調査では「40代のうちからメンテナンスしておきたかった体の部位」としてダントツの1位に挙げられる"歯"。

zipang1.jpg


高齢になって初めて歯の大切さを実感する人も多いが、東京・汐留にある日吉歯科診療所では、虫歯予防の啓蒙に力を入れている。言わば"治療しない歯科医"のこの診療所には患者が殺到。75歳で残っている歯は全国平均で8本だが、診療所に通う患者は平均18本。ナビゲーターの鎌田靖が日吉歯科診療所へ出向き、問診やレントンゲン撮影、歯磨き指導などを含むきめ細かい検査を体験する。

zipang2.jpg


一方、アメリカは、歯科医が施すほとんどが治療よりも予防という"歯科予防の先進国"。アメリカでは治療のために歯医者に来る人はほとんどいない。その大きな理由が高額な治療費だ。日本で虫歯の詰め物をすると最大で5万円だが、公的な保険制度のないアメリカでは50万円かかるケースもあるという。

zipang3.jpg


虫歯予防の意識は一般家庭にも浸透しており、その秘策は水道水にあった。アメリカの70%の水道水に含まれている物質は、歯を強化して虫歯を予防する効果があり、歯科医でも使われている。番組では、その水道水が始まった理由を探る。

zipangf4.png

歯科ロボットで手術期間がたった1日に!

最先端の治療技術を取り入れる動きは、日米両国で活発だ。北海道・帯広市にある「いのうえ歯科医院」は最新のレーザー治療器を導入。患者がゴーグルをかけて診察台に座る実際の治療風景を紹介する。

zipang5.jpg


アメリカでは歯科ロボットによる手術がすでに行なわれている。通常は2週間ほどかかるインプラント手術をたった1日で終わらせる歯科ロボットの"凄腕"ぶりをカメラに収めた。

zipangu6.jpg


さらにもう一つ、アメリカで始まった画期的な取り組みが"歯の銀行"。登録者から預かった歯をどのように治療に使うのか...そこには再生医療の最先端技術が投入されていた。

zipang7.jpg


予防から治療、そして再生まで、大切な歯を守り抜くために知っておきたい最新情報を日本とアメリカで徹底取材。今夜10時放送の「未来世紀ジパング」をお見逃しなく!

過去の放送回を見るなら「ビジネスオンデマンド」へ! http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/

関連タグ

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~
放送日時:テレビ東京系列 5月9日(水) 夜10時

『未来世紀ジパング』は、「明日が読めない日本」で「明日はこうなる」と読み切る 『経済予測番組』

出演者

【MC】SHELLY、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)【出演】 鎌田靖(ジャーナリスト)

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧