• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 花と野菜の100年企業「サカタのタネ」の知られざる種子革命に...

ビジネス

テレ東

2018.7.5

花と野菜の100年企業「サカタのタネ」の知られざる種子革命に迫る!:カンブリア宮殿

kanburia_20180705_thum.jpg


ガーデニングブームの今、マンションのベランダで家庭菜園を楽しむ人が増えている。そんな初心者向け簡単キットから始まり、さらには簡単に栽培できる品種改良まで手掛けるのが、サカタのタネ。実は、世界シェアがブロッコリー65%、トルコギキョウ75%という知られざるグローバル企業だ。私たちの暮らしを気づかぬうちに変えてきたその全貌に迫る。



ガーデニングブームから完熟トマトまで...種が暮らしを変える!


kanburia_20180705_01.jpg


今、園芸ブームが拡大中。そんなガーデニングの殿堂が横浜市にある。多い時には1日5000人が殺到するガーデンセンター横浜。800種類の種と、2500種類の苗が所狭しと並んでいる。運営するのがサカタのタネ。さらにガーデニングブームをけん引するサカタの意外な商品がファミリーマートにあった。


kanburia_20180705_02.jpg


その名も「育てるサラダ」。背丈があまり高くならないよう品種改良し、ベランダや家でも簡単につくれるトマトなどのタネと肥料が入った園芸キットだ。家庭向け、さらに農家向けにと品種改良を繰り返してきたサカタのヒット商品が、栃木那須高原にある道の駅に。


kanburia_20180705_03.jpg


人気急上昇中の野菜が、王様トマト。これまでのトマトよりも熟していて、栄養も高くなっている。皮がかたいので、流通で崩れないのだという。ほかにも、トウモロコシやきゅうりなど、野菜は年々品種改良で、早く獲れるようになったりと味が向上しているという。私たちの暮らしを変える! 知られざる種苗メーカー・サカタのタネの秘密とは。



種でニッポンを変えてきた!100年史


kanburia_20180705_04.jpg


サカタのタネの創業は、1913年。坂田の祖父・坂田武雄が横浜に会社を設立。当初は花の品種改良に取り組み、世界初の100%八重咲きのペチュニアを開発、金の20倍の値段で取引されるなど、その名を世界に轟かせた。しかし第2次世界大戦中は、経済封鎖で輸出がストップ、国内でも「花なんか腹の足しにならないからつくるな」と言われ、武雄は社長を辞任。 戦後になってから、社長業から離れていた武雄が復帰した。


kanburia_20180705_05.jpg


高度経済成長の波に乗り、暮らしを変える大ヒットが生まれる。それが「プリンスメロン」。それまで高嶺の花だったメロンの新開発は5年の歳月をかけて完成。庶民の口に届けたのだ。さらに「アンデスメロン」へと続いた。


kanburia_20180705_06.jpg


坂田社長は、最近の低糖質ブームで注目を集めるブロッコリーの視察にオーストラリアへ。なぜサカタは、ブロッコリーで世界シェア65%を獲得することができたのか。


過去の放送回を見るなら「ビジネスオンデマンド」へ!

関連タグ

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿
放送日時:テレビ東京系列 7月5日(木) 夜10時

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

出演者

【ゲスト】サカタのタネ 社長 坂田宏 【メインインタビュアー】村上龍【サブインタビュアー】小池栄子

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧