• #

ビジネス

テレ東

2018.7.11

ポスト熟成肉!知られざる”牛肉大国”が日本上陸:未来世紀ジパング

20180711_zipang_thm.jpg

7月11日(水)放送「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時~)のテーマは、日本国内で巻き起こっている空前の"牛肉ブーム"。"ポスト熟成肉"を狙う次なるブームの担い手など、ニュージーランドや南米のウルグアイでの現地取材を交えて最新事情をレポートする。

熟成肉ブームをさらに盛り上げる"魔法のシート"

各地では肉フェスティバルやステーキ店が大盛況で、旨味たっぷりの熟成肉が注目を浴びるなど、"牛肉ブーム"が熱を帯びている。その一方で、人気の高まりとともに牛肉価格も高騰。牛肉の小売価格は5年連続で上昇し、大手牛丼チェーンも4月から値上げに踏み切った。日本における牛肉価格の高騰は、中国の"爆食"が原因という見方もある。中国では今、火鍋が大ブーム。火鍋には日本の牛丼と同じバラ肉を使っているため、需要が拡大しているのだ。

zipangu_hinabe.jpg

一方、日本の牛肉ブームを牽引する要因の一つ、旨味たっぷりの熟成肉。赤身などを一定期間寝かせて"熟成"を促した熟成肉は、肉質が軟らかくなるだけでなくアミノ酸が増えて旨味も凝縮。消費者からの人気も高く、取り扱っている店舗も数多く見かけるようになってきた。

zipangu_niku.jpg

しかし、2月に東京都が発表した調査では、一部の店舗から食中毒を引き起こす菌を検出したという。熟成肉には厳密な定義や衛生基準がないため、店舗による肉の取り扱い方にはバラつきがあるのだ。

そんなリスクを解決するべく研究を重ねているのが、ベンチャー企業の株式会社ミートエポック。明治大学と外食チェーンが共同で設立した同社では、熟成肉のための"魔法のシート"を開発した。熟成肉の安全性を高め、しかも価格高騰を抑制する効果も期待できるというこのシートが熟成肉ブームをさらに盛り上げていく。

zipangu_zyukusei.jpg

"牧草牛"が新たなブームの兆し!?

牛肉ブームの最前線では、すでに「熟成肉の次」を狙う動きも出てきている。中でも人気なのはグラスフェッドビーフと呼ばれる牛肉。日本で流通している牛肉の多くは、穀物を餌にして育ったものだが、グラスフェッドビーフは牧草で育てた牛。"牧草牛"とも呼ばれており、その赤身肉はオメガ3系脂肪酸を豊富に含んでいるのも特徴だ。オメガ3系脂肪酸は、血管や心臓の疾患予防に効果が期待できると厚生労働省が摂取を推奨している栄養素で、グラスフェッドビーフはヘルシー志向の消費者から注目を集め始めている。

zipangu_gurasu.jpg

取材班はニュージーランドへ飛び、グラスフェッドビーフの育成法やフルーティーな美味しさの秘密を徹底取材する。

zipangu_huru-.jpg

知られざる"牛肉大国"がついに日本上陸

番組では知られざる"牛肉大国"でも現地取材を敢行した。それは南米のウルグアイ。牛肉消費量は年間1人あたり56kgと、日本人の6倍にも上り世界一で、輸出も世界第7位を誇る。だが2000年にウルグアイで発生した口蹄疫を機に、日本への輸入はストップしたままだった。しかし今年3月、日本でウルグアイ産牛肉の輸入解禁が承認。食肉の輸入・販売会社アトムの平井隆之さんは、ウルグアイに乗り込んでその味と品質を見極める。

zipangu_seityou.jpg

世界各国を巻き込んでうねりをあげる日本の牛肉ブーム。その舞台裏をカメラにおさめた「未来世紀ジパング」は今夜10時放送。お見逃しなく!

過去の放送回を見るならビジネスオンデマンドへ!

関連タグ

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~
放送日時:テレビ東京系列 7月11日(水) 夜10時

『未来世紀ジパング』は、「明日が読めない日本」で「明日はこうなる」と読み切る 『経済予測番組』

出演者

【MC】SHELLY、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)【出演】 鎌田靖(ジャーナリスト)

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧