• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 「来年にも有人飛行」!?東京五輪での披露目指す"空飛ぶクルマ...

ビジネス

テレ東

2018.7.30

「来年にも有人飛行」!?東京五輪での披露目指す”空飛ぶクルマ”:WBS

「ワールドビジネスサテライト」 (毎週月曜~金曜 夜11時)では、新企画「イノベンチャーズ列伝」がスタート! 社会にイノベーションを生み出そうとするベンチャー企業に焦点をあてる。そこで、気になる第8回の放送をピックアップ。

愛知県豊田市。市街地から離れ、山のふもとにある倉庫を訪ねると...

20180730_ino_1.jpg

※ 愛知県豊田市内。静かな場所にある倉庫の中で...

同じTシャツを着た人たちが、何やらプロペラが付いた機械をいじっていた。その中の1人が説明する。「空飛ぶクルマです。2020年の東京五輪でデモ飛行をやりたい」。そう、彼らは世界の誰もが実現していない"空飛ぶクルマ"を日本から送り出そうと、ここで開発を進めていたのだ。来年には有人飛行を実現し、20年の東京五輪では開会式で飛ばす計画。25年の販売開始を目指している。

20180730_ino_2.jpg

※ 開発中の「空飛ぶクルマ」試作機。まだ骨組みとプロペラだが...

20180730_ino_3.jpg

※ 来年には有人飛行を実現し、東京五輪の開会式でも飛ばす計画だ

すでに2014年には5分の1サイズの試作機で飛行試験に成功。翌年からは実物大の機体で浮遊実験を繰り返している。開発を進める彼らは、有志団体「カーティベーター」。メンバーのほとんどが自動車や航空など様々な業種の企業に所属し、平日の夜と土日に集まって開発を進めるという、異色の集団だ。

20180730_ino_4.jpg

※ カーティベーター共同代表の中村翼氏(左)と、福澤知浩氏(右)

共同代表を務める福澤知浩氏と中村翼氏は大手自動車メーカーの元同僚。入社後、「自分たちでモノづくりがしたい」との思いが募り...

20180730_inomanga1.jpg

20180730_inomanga2_b.jpg

「都市部では渋滞を回避できるし、緊急事態には一斉に出動できる。3次元の新しい交通システムを作る」(中村氏)。その後、他社からも有志が集まり、今では約100人のメンバーを抱える。

そんな彼らのオフィスはかなり"特殊"だ。東京・中野区にある、マンションの一室。「プロペラがいまドイツを出発したばかり」「届くかどうかはまだ分からない?」。メンバーが部品調達について会議を開いている。そのすぐ隣に目をやると、洗い物をするメンバーが...。さらに奥へ行くと、シャワーを浴びていたり、布団で本を読んでいたり、畳の上でくつろいでいたりと、「生活感」にあふれている。

20180730_ino_5.jpg

※ 東京・中野区の「カーティベーター」の拠点。会議を開いている横で...

20180730_ino_6.jpg

※ キッチンで洗い物。この「生活感」の正体は...

それもそのはず、ここはオフィスとシェアハウスを兼ねた拠点。その名も「空飛ぶハウスTOKYO」だ。平日夜か休日しか作業できないので、少しでも時間を捻出するため、一部のメンバーが一緒に住み始めたのだ。毎日ここで顔を突き合わせながら、構想を詰めてきた。

いま、空飛ぶクルマを巡っては、ウーバーなどのIT大手や、航空機大手のエアバス、自動車のアウディなど、海外でも開発に名乗りを上げる企業が相次ぐ。対するカーティベーター、他にはない独自性があるという。「公道も走れる、という形を目指している空飛ぶクルマは今のところない」(福澤氏)。公道を走るには、コンパクトなつくりにする必要がある。そのためプロペラの設置は、最小限の4カ所。重い機体と人を浮上させるには強い揚力が必要だが、これ以上は増やせない。

そこでカーティベーターがとった選択が、プロペラの「2枚重ね」だ。さらにこれを、上下で「逆回転」させることで、強い揚力を作り出せるという。

20180730_ino_7.jpg

※ プロペラを「2枚重ね」にし、上下で「逆回転」。これが強い揚力を生むという

そしていま、彼らの最大の関門は「ホバリング」と呼ばれる空中で停止した状態を作り出せるかどうか。ここをクリアすれば、有人飛行の実現へ大きく前進する。7月中旬、天井から吊り下げての浮遊実験を行ったが、このときは大きくバランスを崩し安定しなかった。

20180730_ino_8.jpg

※ 7月中旬の実験。天井から吊るしても、安定した浮遊ができない

その後も試行錯誤を繰り返し、7月下旬、吊るしを外しての実験を行った。浮き始めは少し不安定に見えたが、すぐに体勢を立て直し、安定した状態での浮遊に成功。日本発の「空飛ぶクルマ」実現へ、山を1つ越えた。

20180730_ino_9.jpg

※ 7月下旬、「吊るし」なしで安定浮遊に成功

これから地上を走れるよう様々な部品を取り付け、人も乗れるようにし、そのうえで安定性、安全性を確保しなければならない。道のりは長そうだが、「技術的には確実にいける」と断言する福澤氏。「あとは法規制やインフラなども含めて、本当に(空飛ぶクルマを)実現する社会がいつ作れるかが課題だ」。

詳しくはビジネスオンデマンドへ!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

ワールドビジネスサテライト

ワールドビジネスサテライト

ビジネスや生活に役立つ「自分につながる」経済ニュース番組。ヒット商品を先取りした「トレンドたまご」、経済の最新情報を伝えるコーナーなど。

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~金曜 夜11時

出演者

大江麻理子、滝田洋一、山川龍雄、相内優香、須黒清華、片渕茜、北村まあさ

カテゴリ一覧