• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 京都の夜を変える"新しい宿":3分で分かるガイアの夜明け

ビジネス

テレ東

2018.8.17

京都の夜を変える”新しい宿”:3分で分かるガイアの夜明け

京都の夜を変える“新しい宿”:3分で分かるガイアの夜明け【テレ東プラス】

“外食の異端児”が不振の老舗旅館を変える!?

"外食の異端児"が不振の老舗旅館を変える!?


古都・京都で人気の観光スポット、南禅寺の近くにあるのが老舗旅館「菊水」。明治中期の邸宅を改装し、1955年に開業しました。日本庭園は、平安神宮などの庭も手がけた、明治を代表する庭師、7代目・小川治兵衛の作品です。


しかし、立地の悪さや団体客の減少による経営難から去年9月に身売りしました。「菊水」を買い取ったのが、「バルニバービ」社長の佐藤裕久さん。「バルニバービ」は立地が悪くて客が来ない場所に人気レストランを生み出す異色の会社です。


去年12月、佐藤さんが「菊水」の従業員全員と初めて顔を合わせました。「菊水の料理はまずい、と知っている人たちに言われました。おいしい料理を作って最高の空間に泊まってもらって、お客様に向かって思いを込めて本気でやろう」と従業員に覚悟を決めるよう迫ったのです。結局、従業員15人のうち3分の1が退職の道を選びました。


gaia_20180817_01.jpg


「菊水」の料理長、西野悌司さんは、ミシュランガイドで三ツ星を獲得した和食店「柏屋」で修行を始めました。和食の命、一番出汁の取り方から湯豆腐用のくず餡の配膳の仕方まで「柏屋」の店主、松尾英明さんから「もっと一個一個の行動を考えてやらんと」と細かく注意されます。


修行を始めて4カ月。その成果を見極める試験が行われました。松尾さんが「菊水」のために考えた料理を西野さんが実際に作ってみます。しかし、白和えも胡麻ダレ味の湯豆腐も松尾さんの料理とは別物。「ちょっと止めよう。全然あかんわ。一つ一つの仕上がりも全然駄目」との松尾さんの一言で試験は中止となってしまいます。


オープンを目前に控えた西野さんの元に「柏屋」の松尾さんがやって来ました。仕事の合間を縫って、大阪から京都までわざわざ指導に来てくれたのです。西野さんの料理を食べた松尾さんは「何とかかんとか西野さんにスタートラインに立っていただけるのではないかと。これからがほんとの勝負だと思います」と話しました。


gaia_20180817_02.jpg


6月11日。半年かけた改装を終え、新生「菊水」がオープンしました。


10室あった部屋を半分に減らし、代わりに1万8000円からだった宿泊料金を3万円以上に引き上げることにしました。30年間、手が入っていなかった客室は、畳の上にソファーやクッションを置いてくつろげる空間に。寝室には、ベッドを置きました。手入れが不十分で木が伸び放題だった庭は、剪定して明るいイメージに。さらに、建物にまで迫っていた木々も、すっきりと整理し、そこへテラスを造りました。


gaia_20180817_03.jpg


オープンと同時に、次々と客がやってきます。湯豆腐のコースを頼んだ女性客は「舌触りがとろけそうな感じ。ツルっとして、おいしい」と西野さんの料理を絶賛しました。


gaia_20180817_04.jpg


京都に登場!1泊4000円の宿


京都を訪れる観光客は、年間5300万人以上。外国人観光客の急増で宿が取りづらくなっています。ハイシーズンには、ごく普通のビジネスホテルの料金が1泊2万円を超え、若い女性の懐に合った宿が見つからないというのです。


関西を中心に12のホテルを運営してきた京阪グループは、若い女性専用の格安ホテルを作ろうとしていました。


gaia_20180817_05.jpg


京阪にとって初めての女性専用ホテルを若い女性の目線で作り上げたいと、入社7年目の西田万里佳さんが担当に抜擢されました。女性専用ホテルのメンバーが集まった会議では、美顔器やヘアアイロンの貸し出し、かわいいパジャマなど女性受けするサービスのアイデアが出ました。


5月に西田さんたちが訪ねたのは、ホテル向けにパジャマやタオルを供給している会社。西田さんは、自分たちの求めるパジャマのイメージをまとめていました。ポイントは紺色。着たまま施設の中を歩き回れるパジャマです。しかし、紺色は「色落ちが目立つ」という指摘を受け、検討を重ねることになりました。


7月2日、いよいよオープンの日を迎えました。カフェと気軽に安く泊まれる「ホステル」という言葉から、ホテルの名前は「カフェテル」。女子受けする仕掛けが、たくさんあるといいます。


gaia_20180817_06.jpg


部屋は3人の女子旅に対応したスリーベッドルームが基本。下着が透けないよう、こだわったパジャマは、色落ちもしにくいグレーに。ピンクもあしらいました。1階のカフェの壁にはカラフルな絵。その前で宿泊客が写真を撮り始めました。手にした小物は、西田さんたちが用意したもの。女子が写真を撮りたくなるような仕掛けが、ホテルのあちこちにあるといいます。肌にやさしい最新の美顔器も用意しました。


シャワーやトイレは共用ですが、1泊4000円以下という低価格がウリです。パジャマを着て"女子トーク"する、他のホテルとはちょっと違う京都の夜を体験できます。

詳しくご覧になりたい方は、ビジネスオンデマンドへ!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。江口洋介がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系列 8月21日(火) 夜10時

出演者

【案内人】江口洋介【ナレーター】杉本哲太

カテゴリ一覧