• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 新米刑務官と死刑確定囚の心のふれあいを描き、話題にもなった2...

ドラマ

テレ東

2017.12.28

新米刑務官と死刑確定囚の心のふれあいを描き、話題にもなった2010年の社会派ドラマをおさらい:モリのアサガオ 第1話

morinoasagao_171228_img.jpg
【配信終了日:2018年1月12日(金)】動画はこちら


「死刑制度」の今を浮き彫りにした社会派作品として話題を呼んだコミックを原作に、2010年にドラマ化した「モリのアサガオ」。死刑囚舎房に配属された新人刑務官・及川直樹(伊藤淳史)と死刑囚たちの心のふれあいを描く、ヒューマンドラマです。


今回は、「モリのアサガオ」第1話の内容を紹介。


morinoasagao_171228_01.jpg


研修を終えたばかりの新人刑務官・及川直樹が配属されたのは、死刑という判決がくだり残された時間を過ごす死刑確定囚が収容されている死刑囚舎房。死刑に怯える者、犯した罪と向き合う者、反省もせずに開き直る者など、異様な空気の中でさまざまな死刑囚たちを前にした直樹は、初日から不安を覚えてしまいます。


morinoasagao_171228_02.jpg


その日、特別配給として受刑者に大福餅が配られることになり、直樹が配布係を任されました。石峰(六平直政)の元へ配りに行ったとき、石峰が大福をむりやり取ろうとして、1つ落としてしまいます。その傍若無人な態度に怒った直樹は「自分が悪い」と言い、石峰には大福を渡さず、その場を後にしました。


morinoasagao_171228_03.jpg


その夜、ある殺人犯が逮捕されます。それは、10年前に殺された自分の両親の仇を討った"平成の仇討ち殺人犯"渡瀬満(ARATA)。実は直樹と満は、少年時代に同じ野球チームに所属しており、直樹にとって満は憧れのヒーロー的な存在でした。


満が15歳のとき、自宅に強盗に入った田尻勝男(斉藤歩)に両親を殺され、自らも右肩を刺されるという事件が起きました。妹とともに施設に預けられた満は、出所した田尻を切り殺し、復讐を果たしたのでした。


満は田尻に刺されたケガが原因で、野球を続けられない体になっていました。


morinoasagao_171228_04.jpg


翌日、直樹は石峰の元へ大福を持って行きます。しかし、石峰がいるはずの部屋はもぬけの殻でした。その日の朝、直樹の知らない間に石峰は死刑が執行されていたのです。前の日にあれだけ食べたがっていた大福を食べさせなかったことを悔やむ直樹は、刑が確定した時期と執行の順番が関係ないことを知り、罪悪感に苛まれます。


さらに、新人刑務官である自分をなめてかかり、好き勝手に自分の要望を叫ぶたくさんの死刑囚を前にした直樹は、彼らとの接し方について悩みます。


morinoasagao_171228_05.jpg


そんな直樹は同じ刑務官の若林(塩見三省)から、石峰が死刑執行前に美味しそうに大福を食べたことを聞きます。悩む直樹に「刑務官も死刑囚も人間。人間対人間の付き合いなので、長い時間をかけて自分で答えを見つけるしかない」とやさしく諭します。


死刑囚との関わり方について、直樹はこれからどのように考え、成長していくのでしょうか。


morinoasagao_171228_06.jpg


一方で、満が直樹の職場である東京西拘置所に移送されてくることに。満は、両親を殺した田尻だけでなく、その場にいた田尻の娘も殺めていました。その娘をあえて巻き添えにしたのか、それとも気づかずに巻き込んでしまったのか......。間もなく始まる公判では、この事件がどのように語られるのでしょうか。満を待つ、これからの展開からも目が離せません......!


『モリのアサガオ』は現在、全話を「ネットでテレ東」で期間限定配信中です(1月12日まで)。ぜひ、この機会にチェックしてみてください。


【モリのアサガオ】
出演者:伊藤淳史、ARATA、香椎由宇、谷村美月、柄本明
ホームページ:http://www.tv-tokyo.co.jp/moriasa/

関連タグ

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧