• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 【動画】命売ります3話おさらいと4話ゲストインタビュー!

ドラマ

BSテレ東

2018.1.28

【動画】命売ります3話おさらいと4話ゲストインタビュー!

奇才・三島由紀夫が描く怪作を現代に蘇らせたドラマ『命売ります』。次週2月3日(土)放送の第4話に出演するゲスト・松下由樹さんへのインタビュー動画を公開!

自分の命を売り物にしている山田羽仁男(中村蒼)の元に訪れた次の客は、「自分の家族を殺した"平成の毒婦"に騙されて死んでほしい......」と頼みます。その"平成の毒婦"こそが、松下由樹さん演じる宮出詩織。果たして羽仁男は、詩織に手玉に取られて死ぬことができるのでしょうか?

その前に、1月27日(土)に放送した第3話の中身をおさらいしましょう!

命2.png
第2話の依頼者で、母親が自殺してしまい身寄りがなくなった高校生の井上薫(前田旺志郎)と生活を共にすることになった羽仁男。そこに、先日まで入院していた病院の看護士・木島由紀(谷村美月)が訪ねてきました。

命3.png

由紀が勤める病院には、患者から慕われる女医・城山愛理(壇蜜)がいました。しかし、人当たりが良いと評判の城山の素顔は、冷淡で患者のことは自身の実績を高めるための道具としか見ていないような人だというのです。

専門医になるため、むやみに手術の回数を増やし、手術で失敗しても、黙認を得るために上司と肉体関係を持つ城山。彼女の悪を知っている由紀は、それを見て見ぬふりすることを心苦しく感じ、「城山の手術を受け、医療ミスで死んでくれ」と依頼するのでした。

依頼を受けた羽仁男は、その場で洗剤をがぶ飲みし、入院することに......。

命4.png

病院で目が覚めた羽仁男は、城山に「2~3日で退院できる」と診察されます。しかし由紀には、城山の評判を悪くすることと羽仁男の体を弱らせることが同時に進行できるように、ある入念な計画を立てていました。

羽仁男が城山の気を引いて、病院の特別患者の説明会を欠席させたり、看護士が用意したデータをすり替えて城山の失敗を装ったりと、羽仁男と由紀は、どうにか城山の悪評を立たせようと画策。しかし、そのたびに城山をかばう者が現れて、なかなか思うようにはいきません。

命5.png
由紀は、城山やほかの看護士のように浮ついた話もせず、まじめに患者と向き合って働いていました。そんな中、由紀のことを慕う患者・峰岸(森本レオ)が、来週城山の手術を受けることを知ります。手術の内容は、今城山が一番やりたがっている脳の動脈瘤摘出だと聞き、また城山の傲慢で行なわれる無駄な手術だと悟った由紀は、焦って羽仁男の元へ。しかし、羽仁男は城山の評判を一気に落とすための、ある情報を手に入れていたのです。

命6.png

翌朝、城山が院内で関係を持っていた男性医師と写った写真や噂話が拡散されていました。城山の周りからは一気に人望が消え、由紀はそれを嬉しい気持ちで眺めます。「患者さんのことを思うと......」という由紀ですが、「本当に患者のためなのか?」と問う羽仁男。

しかし、「噂話を鵜呑みにするな」「担当を外さないでほしい」と城山を支持する患者が、ナースステーションに押しかけていました。そんな様子を見た薫は「本当に城山は悪女なのか?」と疑い始めます。羽仁男も早く死にたいがために気が焦り......。

はたして、目に見えない女の感情が一度に渦巻くこの病院内で、羽仁男は死に近づくことができるのでしょうか?

現在「ネットもテレ東」で第3話を限定配信中です。気になる続きを、ぜひご覧ください!

【番組タイトル】連続ドラマ J 三島由紀夫「命売ります」 全 10 話
【放送局】 BSジャパン BS7ch<全国無料放送>
【放送日時】 2月3日(土)夜9時 (ドラマ自体は毎週土曜夜9時放送)
【出演者】 中村蒼、前田旺志郎、田口浩正、YOU、田中泯 ほか
【原作】 三島由紀夫『命売ります』(ちくま文庫)
【脚本】 小山正太、大林利江子、加藤公平、神田優
【監督】 金澤友也、河原瑶(4 話、6 話)、石井満梨奈(5 話)
【番組 HP】 http://www.bs-j.co.jp/inochiurimasu/
【番組ツイッター】https://twitter.com/BS7ch_Inochi

この記事を共有する

関連タグ

カテゴリ一覧