• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 命を売ることを辞める? 羽仁男の心境に大きな変化が:連続ドラ...

ドラマ

BSジャパン

2018.3.11

命を売ることを辞める? 羽仁男の心境に大きな変化が:連続ドラマJ 命売ります

3月10日(土)放送の第8話では、命を売る商売の真似をする者が出現し、同業者のひとりである丸田(木下隆行)と心を通わせる羽仁男(中村蒼)。その丸田の不審な死に直面し、自らの周囲にも不穏な空気が流れる。「もう、終わりだ」と、商売にピリオドを打とうとした羽仁男の前に、羽仁男の命を買った最初の客・岸総一郎(田中泯)が現れる。


迫る第9話の放送前に、3月10日(土)に放送した第8話の内容をおさらい!


inochi_20180311_01.jpg


自分の生き方が正しいのか否か葛藤する羽仁男(中村蒼)の元に駆け込んできた薫(前田旺志郎)。「命、安く売ります」と謳う同業者がいること、命を売る商売についてネットがざわついていることを羽仁男は知る。


inochi_20180311_02.jpg


そんな2人の元にやってきた女子高生の莉子(萩原みのり)。莉子は、羽仁男のマネをして「命、あげます」とネットに書き込み、一緒に死ぬ約束をした相手がいるが、怖くなって辞めたくなったという。彼女の依頼は、「自分の代わりにその子と一緒に死んで欲しい。死ぬまでにしたい5つのことをやり遂げて欲しい」というとんでもないものだった。


顔も名前も知らない相手との死...。羽仁男はその軽い言い草に対し、「やってられるか...」とあきれ顔に。薫は「軽い気持ちだ」と莉子に対して口調を強める。しかし「命を売っているのはアンタ達も同じ」と、莉子は反論。これ以上、死人を出したくないと考える薫は「自分が代わりに行く」と羽仁男に伝える。


inochi_20180311_03.jpg


待ち合わせ場所で、目印となるお揃いのスカーフを巻いた薫が目にしたのは、女子高生ではなく中年男性だった。同世代だと想像していた薫はあっさり撤退、羽仁男の首にスカーフを巻き、相手を説得するように頼む。


inochi_20180311_04.jpg


羽仁男は、お揃いのスカーフを巻いたハンドルネーム"シリウスさん"こと丸田(木下隆行)と対面。2人は一緒に考えた「死ぬまでにしたい5つのこと」を早速実行に移すことに。「パンケーキを食べる」を2人で遂行。浮かない顔で行列に並ぶも、実際にパンケーキを口にした2人は、あまりの美味しさに笑顔になる。


inochi_20180311_05.jpg


次に訪れたのは闇カジノ。だが、そこに居合わせたヤクザを相手に、大立ち回りを演じた丸田は、ナイフを手に自ら命を絶とうとする。


inochi_20180311_06.jpg


事務所に逃げ込んだ羽仁男は「なぜ死のうとしたのか?」と丸田に詰め寄る。丸田は、羽仁男の真似をした命を売る男であることを告白。羽仁男は、「目を覚ませ! あんたはきっと立ち直ることができる!」と丸田から逆に説得される羽目に...。


inochi_20180311_07.jpg


そんな丸田は、さらにビルの屋上から自殺を図ろうとするが、それを制止したのは、ほかならぬ莉子だった。莉子は自ら正体を明かし、ネットで会話を交わしていた丸田に娘・歩美(南乃彩希)に会いに行くように強く勧める。


現在「ネットもテレ東」では、この第8話を限定配信中。
気になる続きを、ぜひご覧ください!

関連タグ

連続ドラマJ 三島由紀夫「命売ります」

連続ドラマJ 三島由紀夫「命売ります」
放送日時:BSジャパン 毎週土曜 夜9時~

山田羽仁男は、広告代理店に勤め、経歴、収入など何不自由ない生活を送っていた。しかし突然自殺を決行。だが失敗し、「命を売る」ビジネスをスタートさせることに。次々と舞い込んでくる奇々怪々な依頼に応じる中で、「命」と向き合うことに…。

出演者

中村蒼、前田旺志郎、田口浩正、YOU、田中泯 ほか

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧