• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 逆襲する女・蒼井そらが裁判所で大暴れ!?:逃亡花

ドラマ

BSジャパン

2018.6.7

逆襲する女・蒼井そらが裁判所で大暴れ!?:逃亡花

nogarebana_20180607_01.jpg


【配信終了日:6月9日(土)】動画はこちら

BSジャパンの深夜ドラマ枠が、「真夜中ドラマJ」と題し、毎週土曜深夜0時に移動! その第一弾として、真夜中ドラマJ「逃亡花(のがればな)」を大好評オンエア中。


香川まさひと原作、和気一作の劇画の漫画を、蒼井そら主演でドラマ化。夫殺しの罪を着せられ、殺人犯として指名手配された女が、逃亡を続けながら、すべてを投げ打って真犯人を探すスリルとサスペンス満載のジェットコースターストーリーだ。


ここでは、第7話「逆襲する女」を振り返る。


nogarebana_20180607_02.jpg


公安に目をつけられた刑事の伊崎(永澤俊矢)は職を追われ、竹田(大浦龍宇一)も警察に押し入られ、逮捕されてしまう。伊崎から電話を受けた市川(福澤重文)は、咲子(蒼井そら)を守るために自ら時間稼ぎを買って出て、警察に捕まってしまうのだった。


nogarebana_20180607_03.jpg


咲子は、立ちんぼ仲間のみどり(もたい陽子)から「刺青の男とホテルに一緒にいる」との連絡を受けて現場に急行するが、そこには変わり果てたみどりの姿があった。咲子のために時間を稼ごうとしたところ、刺青の男に怪しまれ、殴打されたのだという。「きっとあの男はもうこの街には来ない」と言うみどりに咲子は礼を言い、自分の本当の名を明かしてホテルを後にした。


nogarebana_20180607_04.jpg


一方、刑事の伊崎、市川、竹田の3人はそれぞれ取り調べ室で尋問を受けるが、誰一人として口を割らずにいた。刺青の男の手がかりを失い、一人ぼっちになってしまった咲子が呆然としていると、路上で生活する初老の男に声をかけられる。酔った初老の男を放っておけず、親切にした咲子に初老の男は心を開き、川べりで一緒に弁当を食べることになった。


nogarebana_20180607_05.jpg


男がラジオをつけると、竹田が警察に連行されていく様子が放送されていた。事件の真相を問われて「コサカイ」と何度も連呼する竹田。その言葉に、咲子は聞き覚えがあった。それは、咲子の弁護にあたり、自首するように求めた国選弁護人の小堺(三上市朗)だった。


後日、スーツに身を包んだ咲子は裁判所に乗り込み、小堺が1人になった隙にトイレの個室に押し込んで、スタンガンを突きつける。小堺は、咲子に罪を自白させることができなかったため竹田を雇い、裁判を傍聴させていたのだった。


nogarebana_20180607_06.jpg


しかし、夫・綱男(生島勇輝)を殺したことは否定し続ける。小堺の両脇にいた護衛の男2人も、小堺が警察に逃げ込まないかを見張っているのだった。「真犯人は他にいる」と踏んだ咲子は問い詰めるが、小堺は口を割らない。口を割れば、小堺もその娘も殺されると言う。「娘を逃がしてから怪しまれない方法で雇い主を教えるから」という小堺の提案を聞き入れる代わりに、咲子は弁護士バッヂとスマホを預かり、近いうちに接触することを約束させた。


しかし、見張りの男のもとに戻った小堺は、吐血して倒れてしまった。男2人は口封じするために持病の薬と毒薬をすり替えていたのだ。トイレから出てきた咲子は、倒れている小堺と「ケンキヤツ」というダイイングメッセージを発見する。


nogarebana_20180607_07.jpg


またしても謎の暗号が現れて終了した第7話。来週も見逃せません!


この放送は、現在「ネットもテレ東」で限定配信中です。6月9日(土)放送の第8話もお楽しみに!

関連タグ

真夜中ドラマJ 逃亡花

真夜中ドラマJ 逃亡花
放送日時:BSジャパン 毎週土曜 深夜0時

スリルとサスペンス満載のノンストップエンターテイメント! BSジャパン深夜枠にて蒼井そら主演で実写ドラマ化!

出演者

蒼井そら

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧