• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 蒼井そらと同棲生活! クライマックスを前に事態は急展開に?:...

ドラマ

BSテレ東

2018.6.26

蒼井そらと同棲生活! クライマックスを前に事態は急展開に?:逃亡花

nogarebana_20180626_01.jpg


【配信終了日:6月30日(土)】動画はこちら


蒼井そらの熱演で大きな話題を呼んでいるドラマ「逃亡花」。夫殺しの罪を着せられ、殺人犯として指名手配された女が逃亡を続けながら、すべてを投げ打って真犯人を探すスリルとサスペンス満載のジェットコースターストーリーだ。


ここでは、第10話「奪われた女」を振り返る。


nogarebana_20180626_02.jpg


伊崎(永澤俊矢)に殴りかかる万時山(川野直輝)と、万時山に銃口を向ける小園井咲子(蒼井そら)。万時山は咲子に詰め寄り、「撃てよ」と自ら額を銃口に合わせるが、咲子は「あなたを撃つことはできない」と言う。そんな最中、十五図組(山口祥行)の一味がやってきて、咲子に襲い掛かろうとしたとき、万時山が味方であるはずのその男を刺して、咲子と伊崎を逃がした。万時山もまた、咲子の誠実さに心を打たれたのだった。


nogarebana_20180626_03.jpg


咲子は伊崎の療養のため、田舎町にアパートを借りて移り住み、2人はそこで同棲生活を始める。夫への愛は揺るぎなかった咲子も、生活をともにするうちに情が湧くように...。家にまで診察に来てくれる医者の一子(青木和代)も「復讐をやめて新しい人と人生を歩むのは夫への裏切りではない」と諭し、咲子も伊崎に対して夫婦のような感覚を募らせていくのだった。


nogarebana_20180626_04.jpg


そんな折、咲子と夫・綱男の勤め先で咲子を可愛がってくれた家元の香苗(富田恵子)が倒れてしまう。自分がもうあまり長くないことを悟った香苗は、娘に「咲子をよろしく」と遺言を残す。


その頃、十五図は咲子の殺害計画を練っていた。そこに呼び出されたのは、なんと刺青の男こと岡崎(川村進)だったのだ。


結局、ケガがよくなった伊崎との同棲生活を解消し、再度復讐に出ることにした咲子。伊崎と一子に別れを告げて家を出ようとしたとき、一子の電話が鳴る。それは、咲子の子どもが誘拐されたという保母からの連絡だった。逃亡した後に夫・綱男との子どもを妊娠していることがわかった咲子は、事件発生から1年半後に男の子を1人産んでいたのだ。


そして、別室には「山荘に来るように」とメモが残されていた。伊崎はメモを書いた犯人が十五図と賀川だと踏み、危険に晒されるのは間違いないと咲子に告げる。


nogarebana_20180626_05.jpg


それでも、咲子の意志は変わらず、むしろ決意を固くするのだった。次回のクライマックスでは事件の真相が明らかになる。賀川や刺青の男と対峙する咲子、伊崎、そして息子の運命はいかに!?


この放送は、現在「ネットもテレ東」で限定配信中です。6月30日(土)の放送もお見逃しなく!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

真夜中ドラマJ 逃亡花

真夜中ドラマJ 逃亡花

スリルとサスペンス満載のノンストップエンターテイメント! BSジャパン深夜枠にて蒼井そら主演で実写ドラマ化!

放送日時:BSジャパン 毎週土曜 深夜0時

出演者

蒼井そら

カテゴリ一覧