• #
  • トップ
  • ドラマ
  • シメは蕎麦で! 俳優・福士誠治のホントは教えたくない行きつけ...

ドラマ

BSジャパン

2018.7.9

シメは蕎麦で! 俳優・福士誠治のホントは教えたくない行きつけの店:極道めし

芸能人って、どんなお店で、どんなものを食べているのか? 仕事でもプライベートでも美味しいものに触れる機会の多い芸能人なら、本当に美味しいものを知っているに違いない!


そこで、ドラマの現場で旨い飯"の話で盛り上がっている俳優陣に、行きつけの店と、必ず食べるお気に入りのメニューを聞いてみた。まずは、福士誠治さんの「ホントは教えたくない行きつけの店」を紹介。


gokudomeshi_20180709_1.jpg



最後は蕎麦でシメ! 大人な感じがたまらない


《福士誠治のホントは教えたくない行きつけの店》
恵比寿「板蕎麦 香り家」
お気に入りメニュー:そば切り


gokudomeshi_20180709_2.jpg


「ここの蕎麦は、すごくおいしいんです。お酒の飲めるお蕎麦屋さんで、つまみも最高! 鴨にネギに...何でも美味しいからビールや焼酎に合うんです。いろいろつまんで、最後に蕎麦でシメ。この大人な感じがたまらないですね。


蕎麦を食べるときのこだわりは、昔はわさびはつゆの中に入れていましたが、最近はわざびを蕎麦につけて食べることを覚えました(笑)。粗塩だけで食べてもおいしいですね。"蕎麦はのどで楽しむ"といわれますが、僕は口の中でしっかりと味や香りを楽しみたい派。結構、口にいっぱい入れて食べるのが好きですね(笑)」


gokudomeshi_20180709_3.jpg


「香り家の蕎麦が食べたいな~」という表情をしていただきました。



一切れずつトッピングが違うピザのような豪華さ


ホントは教えたくない行きつけの店を教えてくれた福士誠治さん主演の連続ドラマJ「極道めし」が、BSジャパンにて7月14日(土)夜9時スタート。先日惜しまれながら亡くなったグルメ漫画の巨匠・土山しげる氏の同名漫画を実写化。とある刑務所の雑居房を舞台に、囚人たちが毎日の食事のおかずやおやつの争奪戦を繰り広げる。


ただのグルメドラマではなく、旨い食い物にまつわるノスタルジックな思い出を引き出すドラマチックなエンターテインメント「極道めし」。福士さんに役どころやドラマの見どころを聞いてみた。


gokudomeshi_20180709_4.jpg


――福士さんが演じる204号室の新人・原一平はどんな人物ですか?


「ほかの登場人物たちのキャラが濃いので、僕が演じる一平はニュートラルなポジションでいたいと思います。囚人の中では一番若いですし、徐々にバレていきますが、ちょっとヌケているところがあって、憎めない感じ。いい意味で人間っぽく、弱さもあるし、嫉妬もするし、それでいて負けん気も強い。人間としてシンプルな感情を持っているところを上手く表現できたらいいですね。雑居房の中では、常に食べ物を巡る争奪戦が展開されていますから。ちょっとでも食べ物の"旨そうな話"をして勝っていかないと、食べるものがなくなっちゃう(笑)。そのために、一生懸命努力する一平のかわいらしい部分も見てもらえたらうれしいです」


―― 一平たち204号室の囚人たちが"旨い飯"語りバトルを繰り広げる作品の見どころは?


「1話の中に、サラリーマンやヤクザなど、いろんな過去を持った人物たちのさまざまなエピソードが盛りだくさん。思わずほっこりしたり、笑ってしまうようなトークがたくさん飛び出します。グルメドラマと謳いながらも人情話が展開されますし、美味しい食べ物の話をしているシーンはどこかバラエティーっぽい。新しいタイプの連ドラになっているような気がします。一切れずつトッピングが違うピザのような豪華さ! どこから食べても美味しいですし、全部食べた終わった時には、1枚のピザを存分に堪能した満足感が味わえると思います」


最後に、7月14日(土)放送の第1話の見どころを紹介!


第1話「魔法のカツカレー」


gokudomeshi_20180709_05.jpg


刑務所には、さまざまな罪を犯した受刑者たちが収監されている。日々の生活の中では、たくさんの制約があるため、大して美味しくはない3度の食事が唯一の楽しみ。大好きなおかずや、特別な日に出されるおやつを食べるだけで幸せな気持ちになれる。だからこそ、彼らは食べ物に対する執着心が"シャバ"にいた頃よりも強くなっていて...。


そんな受刑者たちがいる刑務所のとある雑居房、204号室。そこには、元サラリーマンの小津(今野浩喜)、窃盗常習犯の八戸(徳井優)、詐欺師の坂井(柳沢慎吾)、暴力団組員の荒木(小沢仁志)が収監されていた。


ある日の昼休み、いつものように4人で雑談していると、新入りとして銃刀法違反の男・原一平(福士誠治)がやって来る。車座になった一同の「予定通り始めよう」という謎の言葉で静かに始まったのは、おかずやジャムをかけた"旨い飯語りバトル"だった! 最も旨そうな話をして、一番多くののどを鳴らせた者が勝者となる。


gokudomeshi_20180709_06.jpg


まずは八戸、続いて小津が旨そうな話を披露する中、次に使命された一平は高校生の時に彼女と入った高級レストランで食べたカレーについて話し始めるが...。


gokudomeshi_20180709_07.jpg


今回の見どころは、ある人物が子供の頃の思い出とともに語る「魔法のカツカレー」。カツカレーは、カレーにカツが乗っている食べ物に非ず! ある魔法をかければ、カツカレーが格段に旨くなる!? これを見れば、この方法でカツカレーを食べたくなること間違いなし!


連続ドラマJ「極道めし」は、BSジャパンにて7月14日(土)夜9時スタート!

関連タグ

連続ドラマJ「極道めし」

連続ドラマJ「極道めし」
放送日時:BSジャパン 7月14日(土) 夜9時放送

連続ドラマJ「極道めし」2018年7月14日より毎週土曜夜9時放送!旨い食い物にまつわるノスタルジックな思い出を引き出すドラマチックなエンターテインメント!

出演者

福士誠治、今野浩喜、徳井優、柳沢慎吾、小沢仁志

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧