• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 17年前に埋めた遺体はどこへ!? 良き父の秘めた過去の罪が暴...

ドラマ

テレ東

2018.9.11

17年前に埋めた遺体はどこへ!? 良き父の秘めた過去の罪が暴かれる:GIVER

giver_20180911_01.jpg


【配信終了日: 9月14日(金)】動画はこちら


「瑛輔くんは誘拐しました」
休日の商店街、はぐれた息子・瑛輔(鳥越壮真)を必死で探していた父親・山崎邦夫(丸山智己)に、見知らぬ男から電話が。内容は誘拐した息子を返して欲しければ要求に従えと。


動揺する山崎は、息子のものとおぼしき帽子を見つけ思わず駆け寄る。
...と、突然、近くに停まっていた白いバンの後部ドアが開き、拳銃を持った若い男が現れる。


giver_20180911_02.jpg


「お待ちしてました~、山崎さん」
男は金で他人の復讐を請け負う復讐代行者・義波(吉沢亮)だった。
バンに押し込まれ怯える山崎に、義波は不敵な笑みを浮かべ、言葉を続ける。
「休日にすいませんが、ドライブに連れていってください」


吉沢亮主演のドラマ24「GIVER 復讐の贈与者」(テレビ東京/毎週金曜 深夜0時12分~放送中)。日野草の同名ミステリー小説を、「孤高の遠吠」「全員死刑」などで注目を集める若手監督・小林勇貴がメイン監督を務めドラマ化。吉沢亮は生まれつき感情が欠落した美しくも残虐な復讐代行者・義波を、森川葵が復讐代行組織の統率者である謎の美少女・テイカーを演じ、復讐から生まれる人間模様を描く。


第9話「キャッチャー・イン・ザ・ライ」では、良き父の秘められた過去にまつわる復讐を執行。


第9話「キャッチャー・イン・ザ・ライ」


《今回の復讐代行》
【依頼者】山崎の過去を知る人物
【依頼内容】山崎が17年前に殺した女性の遺体を返してほしい


「返してもらいましょうか。あなたが17年前に殺した、江野みちるさんの遺体」
森の手前でバンを停車させると、義波は自分の素性を明かし、依頼を受けて山崎に復讐しに来たことを告げる。


「彼女のご家族か? どうして今になって」
山崎は、依頼人は江野みちる(芋生悠)の家族なのか、自分は殺されるのかと尋ねるが、義波にはぐらかされてしまう。


giver_20180911_03.jpg


「頼む!瑛輔にだけは手を出さないでくれ」
懇願する山崎に、義波は条件を突きつける。
「あなたがおとなしく遺体を返すなら、家族の安全は約束しますよ」


観念した山崎は、義波とともに、17年前、みちるを埋めた場所へ...。
「瑛輔は本当に無事なんだろうな!?」
念を押す山崎に、義波は電話で瑛輔の声を聞かせる。瑛輔は、母親の友達を装った復讐代行組織の仲間が面倒を見ていた。


giver_20180911_04.jpg


息子の無事を確認した山崎は、覚悟を決める。黙々と掘り進める山崎に、義波はなぜみちるを殺したのかを尋ねる。
「俺は証明したかったんだと思う...」


17年前、自分を特別な人間だと思い込み、現実との乖離にいらだちを抱えていた山崎は、ナイフを手に夜の街を徘徊し、誰かを殺す妄想をしては悦に浸っていた。


ある夜、密かに気になっていた同じ予備校に通うみちるが通りがかり、声をかけてきた。

「ひまなの?どっか遊び行く?」
みちるに誘われるが、躊躇してしまう山崎。
「まあ行かないよね。だって山崎くんまじめだもんね。...つまんない」


この女は自分をナメきっている...山崎はみちるの腕をとり、街を抜け森の奥に連れ込みナイフを向けた。
「あんたさぁ、自分のこと特別な存在だとか思ってるんでしょ。ナイフ持ってイキがるとか、むしろ普通」
みちるに冷ややかな目でズバリ言い当てられ、言葉も出ない山崎。


「つまんない」と言い放ち、帰ろうとするみちる。
...と、その瞬間、山崎は衝動的にみちるの背中にナイフを突き立て、メッタ刺しにした。我に返り、倒れたみちるにすがって泣く山崎。その場を離れようと歩き出すと近くに落ちていたシャベルに気付き、みちるを埋めたのだった。


「俺は自分がいかに平凡で、つまらない人間かを思い知った。
同時に普通の日々を送れることが幸せなことだと気づいた」
この出来事をきっかけに、普通の暮らしに幸せを見出した山崎は、幼なじみと結婚し家庭を持つ。


しかし、山崎はこのことを忘れたわけではなかった。
「わかってる。人を殺した人間に普通の幸せを語る資格などない」
山崎は毎年みちるを埋めた場所に来て、自分の罪と向き合っているのだという。


...と、山崎の手が止まる。いくら掘ってもあるはずの遺体が出てこないのだ。


「遺体を返す気ないみたいですね」
焦る山崎に、義波は次の段階に移ると告げる。
「この場合、あなたには2つの選択肢を用意しています」
1つは今ここで拳銃で自殺し償うこと。もう1つは、妻にすべての罪を話すこと。


「依頼人は、あなたが幸せで穏やかな家庭を築いていることが、どうしても許せないそうです。それをあなたが自分の手で壊すなら復讐心も満たされると」


giver_20180911_05.jpg


無邪気な妻の笑顔を壊したくない...妻を巻き込むことはできないと、山崎は義波から拳銃を受け取る。
「自分の命を犠牲にしてでも守りたい。それが家族というもんだ」
拳銃をこめかみに当て、意を決して引き金を引く山崎。
しかし拳銃に弾は入ってなかった。


giver_20180911_06.jpg


困惑する山崎の前に、微笑みを浮かべた妻・由里(篠原ゆき子)が現れる。依頼人は由里だったのだ。


由里は山崎の罪をすべて知っていた。その上で、復讐の相談をしてきたのだという。
「あなたのこと、ずーっと見てたの。好きだったから」


17年前、夜の街を徘徊する山崎を心配して、後をつけていた由里。もちろん、みちるを殺して埋めたあの夜も......。
「驚いたわ、あなたがあんなことするなんて。
でも、うれしかった。あなたの秘密を知ることができて、ぐっと距離が縮まった気がしたの」
それで山崎に告白する勇気が持てたのだと、嬉々として語る由里。


giver_20180911_07.jpg


呆然とする山崎をよそに、由里は語り続ける。


由里が山崎に復讐する理由とは? 消えたみちるの遺体はどこへ? 17年前の罪...衝撃の真実が明らかに! そして"バンク"が再び接触してきた。亡き姉の陰が、義波を惑わし...。


giver_20180911_08.jpg


この放送は、現在「ネットもテレ東」で限定配信中です。


次回9月14日(金)放送の第10話は、あるアイドルの死に絡む復讐劇。地下アイドル血ノ池ぴち(一ノ瀬みか)がライブ中に感電死した。ぴちの幼なじみ・川原秀斗(一ノ瀬ワタル)が、ぴちは残酷なパフォーマンスを売りとしたアイドルで、今回の死は自業自得とネットで批判した全員に復讐してほしいと依頼してくるが...。


giver_20180911_09.jpg

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

【ドラマ24】GIVER 復讐の贈与者

【ドラマ24】GIVER 復讐の贈与者

主演:吉沢 亮 原作:日野草『GIVER 復讐の贈与者』新感覚リベンジミステリー小説を待望のドラマ化!

放送日時:テレビ東京系列 毎週金曜 0時12分

出演者

吉沢亮、森川葵、小野ゆり子、渡部秀、水橋研二、ぼくもとさきこ、田山涼成

カテゴリ一覧