• #

エンタメ

テレ東

2017.7.14

U-18メンバーの魅力が炸裂!「THEカラオケバトル」コンサートが東京23区初進出

 四天王の看板を背負って参加する堀は和楽器バンドの『オキノタユウ』をチョイス。「時間と季節の旅」をテーマに、渡り鳥・オキノタユウ(アホウドリの別名)の視点で書かれた壮大な曲を、しっかりと歌い上げた。

「歌も上手いし、点数も取れるので凄い。毎回、度肝を抜かれるのが優衣ちゃん」(翠)

 そして番組のナレーションも務める服部潤が登場し、生ナレーションで『生カラオケ★バトル』の点数を読み上げる。その気になる結果は……。

karaoke_0714_10.jpg

西岡:99.171点
角田:97.620点
佐久間:99.429点
堀:99.397点

karaoke_0714_11.jpg

 トップに輝いたのは、最年少の佐久間!そのハイレベルな戦いに、つるのも「凄いな、コレ」と驚愕していた。

 バトルが終わったところで現れたのは、テレビ東京のバナナ社員・ナナナ。8月2日に発売される『「THEカラオケ★バトル」BEST ALBUM Ⅱ』に収録されている『ナナナ音頭』のショートバージョンをU-18四天王と披露☆ サビでテレビ東京のチャンネル数である「7」のポーズをするのがとってもキュートな1曲だけに、この夏の定番ソングになりそう!

karaoke_0714_12.jpg

 そして時間の都合で中学生の佐久間と鈴木が退場し、大人チームのステージへ。圧倒的歌唱力のRiRiKAは本田美奈子.の『つばさ』をセレクト。宝塚で鍛えられただけあり、全身で起承転結を表現したステージパフォーマンスは、まるで上質な舞台を見ているかのよう。

karaoke_0714_13.jpg

「みなさまの前で点数を気にせず心を込めて歌えるのは幸せなことです。この曲で初めて優勝できて、自分のコンサートでも大切に歌っています」

 そして堀が登場し、番組で2人とも歌ったことのある朝ドラ「だんだん」の劇中歌『いのちの歌』をデュエットし、会場を魅了したのだった。

karaoke_0714_14.jpg

 “カバーの名手”の呼び声も高いつるの剛士は、今回は都倉俊一が手掛けた新曲『君にありがとう』を熱唱。時には語りかけるように、そして力強い歌声に心を打たれたのか、客席では涙する人も……。

karaoke_0714_15.jpg

「最近、出させてもらっていないので、みんなと共演できて嬉しい!」

 つるのも久々の「カラオケ★バトル」ファミリーと会えて、嬉しそうな様子。そんな彼がコラボのメンバーに選んだのは、通っていた高校が近いという角田。髙橋真梨子の名曲『for you…』で美しいハーモニーを聞かせ、再び観客をうっとりさせていた。

karaoke_0714_16.jpg

 トリの翠千賀は林部智史の『あいたい』を披露。悲しいラブソングを感情むき出しで歌う姿は、まるで悲恋を描いたオペラを見ている錯覚に陥るほど。そんなオペラ魔女がコラボで選んだのは、まさかの真逆なキャラ・気弱な歌うま西岡! 

karaoke_0714_17.jpg

 しかしデュエット曲『夏の終わりのハーモニー』では、西岡のほうがリードするなど男らしい一面を見せてくれた。歌い終わり、翠が抱きついた際に腰が引ける様子に、番組ファンも安心?

 そして途中で帰った2人以外のメンバー全員がステージへ。番組のエンディング曲『Over and over 〜夢は終わらない』を全員で熱唱をして、熱すぎる1日の幕は閉じた。

karaoke_0714_18.jpg

RiRiKAが歌う『つばさ』やU-18四天王が歌う『ナナナ音頭』も収録された、『「THEカラオケ★バトル」BEST ALBUM Ⅱ』は、8月2日(水)発売!詳細は公式サイトで。

https://karaokebattle.ponycanyon.co.jp/index.html

【THEカラオケ★バトル】
http://www.tv-tokyo.co.jp/kb/

関連タグ

THEカラオケ★バトル

THEカラオケ★バトル

2006年からスタートした元祖・カラオケマシン採点番組「THEカラオケ★バトル」が、数々のスピンオフ企画を経て、ついにレギュラー化!!

この記事を共有する

番組タグ

カテゴリ一覧