• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 「ニッポンのおせんべいを全部見たい!」陽気なイタリア人女性を...

エンタメ

テレ東

2018.4.16

「ニッポンのおせんべいを全部見たい!」陽気なイタリア人女性をご招待:世界!ニッポン行きたい人応援団

ニッポンに行きたくてたまらない外国人を世界で大捜索! ニッポン愛がスゴすぎる外国人をご招待する「世界!ニッポン行きたい人応援団」(毎週月曜日夜8時~)。毎回ニッポンを愛する外国人たちの熱い想いを紹介し、感動を巻き起こしています。


nipponikitai_20180416_thum_01.jpg



スーパーや伝統的な専門店のせんべいの数々に大興奮!


今回ニッポンに招待したのは、北イタリアの街・ラヴェンナ(人口約16万人)に暮らすクラウディアさん(34)。クラウディアさんは日本食が大好物で、特にニッポンの伝統和菓子・揚げせんべいの大ファン。イタリアでも比較的手に入りやすいタイのもち米を使って自宅で手作りし、友人にも振舞うほどの溺愛ぶりには日本人スタッフも驚き。そんな彼女が「ニッポンにある、すべてのせんべいが見たい、昔からせんべいを作り続ける職人さんに会いたい!」というのでご招待!


nipponikitai_20180416_02.jpg


初来日のクラウディアさんは、ニッポンにはどんなせんべいがあるのかいろいろ物色してみたいということで、まずは成田空港近くのスーパー「TRIAL」へ。ニッポンではおなじみの豊富なメーカー製せんべいに大興奮したあとは、お土産でもらって以来大好物になったという「天乃屋の歌舞伎揚」を手に取り、満面の笑みを浮かべます。


nipponikitai_20180416_03.jpg


続いて、以前から草加で伝統的なせんべい作りを学んでみたかったというクラウディアさんの希望で、一行は約50軒のせんべい屋がある埼玉県草加市へ。彼女の体験を快く受け入れてくれたのは、明治40年創業の「小宮のせんべい」。生地作りから、店内で焼きまでを全部行う伝統的なこだわりのお店です。さっそくお店を代表して、4代目の小宮さんと職人の菊池友成さんが、店内から工場までを案内することに。店の隅で手焼きでせんべいが焼かれる様子を見たクラウディアさんは、「店の中でせんべいを焼いているんですね? いい香りがします!」と、初めて見る伝統的な工程にテンションが上がります。


nipponikitai_20180416_04.jpg


いよいよ用意された人生初の割烹着を身に付け、もち米を蒸す蒸気で白く煙る工場へ。蒸したもちを職人と機械を使ってやわらかくなるまでついたあとは、クラウディアさんもお手伝いして型抜き作業を。もち米は最小限の分量になるまで何度も型抜き工程を繰り返しますが、これについてクラウディアさんは、「せんべいは捨てるところのない素晴らしい食べ物です!」とリスペクト。


nipponikitai_20180416_05.jpg


各種工程を経て、いよいよ生せんべいを店頭で焼くことに。クラウディアさんも、菊池さんのアドバイスに従ってせんべい焼きを初体験。道具を使って、ひっくり返して押す...、という工程を繰り返し、初めてにして優秀な1枚が焼きあがり、本人もよくできたと自画自賛。醤油は生地に練り込まないで、焼きあがったあとに塗るという新発見もしたクラウディアさんは、スタッフの面々と涙の別れを惜しみつつ、お店を後にしました。


nipponikitai_20180416_06.jpg


うるち米のせんべいが主流の東日本に対し、一行はもち米を使ったおかき・あられ文化がさかんな西日本へ。1週間かけて絶品の揚げおかきを作るという兵庫県の「TAKAMIOKAKI」を見学に訪れます。職人の高見恭平さんから揚げたてを頂き、試食した彼女はおいしさに舌鼓。「どうしたら美味しくできる? 実はもち米の蒸しがうまくいかない」と質問すると、恭平さんは1時間20分の蒸し時間が必要だと話し、実際にその過程を紹介してくれました。クラウディアさんは、実に熱心にメモをとっていきます。


nipponikitai_20180416_07.jpg


いよいよ餅を細かく切って油で揚げ、最後に塩をかけた大量の揚げたておかきを前に、クラウディアさんは「芸術品のようです!」と感動。先々代から受け継いだ手法のサクサクの揚げたてを試食し、その驚くほどにあっさりした食感にため息をこぼします。さらに人気商品のえび短冊揚げおかき作りもみせてもらうと、食べたこともない美味しさに出会った喜び、恭平さんと思わずハグ!


nipponikitai_20180416_08.jpg


最後に一行は、青森県八戸市発祥の南部せんべい作りを学ぶため、家族でお店を営む昭和30年創業の名店「上舘せんべい」へ。かつては100軒もあったせんべい屋が現在20軒未満になってしまった八戸。この地を訪れたのは、「(南部せんべいの)伝統が失われつつあると聞いて驚きました...」と語ったクラウディアさんの希望でした。お店に到着すると2代目店主の上舘一雄さんがにこやかにお出迎え。


nipponikitai_20180416_09.jpg


工場に入ったクラウディアさんは、試食のできたて南部せんべいに舌鼓を「モルトボーノ!」と舌鼓を打ちつつ、工場と自宅が壁1枚というミニマムな佇まいにびっくり。続いて、小麦粉を練って生地作りから体験することに。


せんべい作りを学んだあとは、3代目の加菜子さんが、クラウディアさんのために歓迎パーティを開いてくれました。南部せんべいを使った名物のせんべい汁や小昼(こびり)、せんべいピザが食卓にずらりと並び、たくさんのゲストたちとせんべい談義で盛り上がります。そこで勤めていた会社を辞め、11年前に南部せんべい工場を継ごうと決意した加菜子さんの想いを知ったクラウディアさんは、感動のあまり涙を浮かべます。


nipponikitai_20180416_10.jpg


いよいよ別れの時...。加菜子さんからのお手紙と南部せんべい手焼きセットが贈られると、クラウディアさんは涙ながらに感謝の手紙を読み上げます。親子の絆を感じたというクラウディアさんの手紙に、感激する一雄さんと加菜子さん。
この旅で、この他にもたくさんのせんべいと職人に出会ったクラウディアさんは、「今回の旅で一番学んだことは、働く人たちの伝統を大切にする強い想い。日本のせんべいはこれからも世界中から愛され続けると思います!」と笑顔で語ってくれました。クラウディアさん、またの来日をお待ちしています!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

世界!ニッポン行きたい人応援団

世界!ニッポン行きたい人応援団

世界で「ニッポンに行きたくて行きたくてたまらない」と願う外国人を探し出し、彼らの熱い想いを取材。彼らの夢~日本で●●したい~を応援するためご招待しようというのが、この番組。彼らが日本でどんな夢を叶えるのか?

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜 夜8時放送

出演者

織田信成、高橋茂雄、眞鍋かをり

カテゴリ一覧