• #
  • トップ
  • グルメ
  • 時間無制限で飲み放題のワインバーになぜ"ワインのプロ"たちが...

グルメ

テレ東プラス

2018.11.24

時間無制限で飲み放題のワインバーになぜ”ワインのプロ”たちが来店するの?

nomuno_20181124_00.jpg
かつて花街として栄えた東京・赤坂。現在は大使館、テレビ局、高層オフィスビルが集まるビジネスタウンとして、都内でもちょっと大人なイメージの繁華街です。そんな赤坂に、基本プラン3,000円(税抜)で、100種類のワインを飲み比べできるワインバー「nomuno(ノムノ)」がオープンしました。お店に並ぶワインのうち約9割は、独自ネットワークで手配した限定商品で、貴重なワインを飲むことができることから、噂が噂を呼び、連日大盛況! ワインのプロもお店に足しげく通うそうです。そこで今回は、株式会社ノムノ代表取締役の蔵石周太さんに、ノムノに並ぶワインの秘密について伺いました。

赤坂駅から徒歩5分、赤坂見附駅から徒歩2分の駅近ワインバー

ノムノがあるのは東京メトロ赤坂駅と赤坂見附駅の間。今回は赤坂駅からお店へ向かってみます。

nomuno_20181124_01.jpg
赤坂駅から赤坂見附方面に向かい、歩いて5分ほど。ちなみに赤坂見附駅までは約2分ほどで到着する立地の良さ。

nomuno_20181124_02.jpg
通り沿いには飲食店が並び、昼も夜も賑やか。

nomuno_20181124_03.jpg
ノムノが入っているのはこのビル。

nomuno_20181124_04.jpg
その名も東京農村ビル。赤坂の中心で「農業の魅力を発信する」をテーマとした複合ビルなのだとか。

nomuno_20181124_05.jpg
エレベーターで3階にあがるとノムノに到着です。なんと扉もワインのコルク栓を再利用したもの!
店内は広々としていてとってもおしゃれ。

nomuno_20181124_06.jpg
――ノムノとはどんなお店なんですか?

蔵石周太さん(以下、蔵石)「特徴的は何と言ってもワイン100種類以上を飲み比べし放題で、時間無制限3,000円(税抜)で飲めるということです。ただし、食べ物に関しては僕らは提供しないので、自由に持ち込んで楽しんでくださいというコンセプトになっています」

――今までにないタイプのお店ですね!

蔵石「基本的には、ソムリエ試験やワインを本格的に勉強したい方のために作ったという経緯があります。ソムリエ試験のテイスティングはいくつか飲み比べて、ブドウ品種を当てていきます。テイスティングの勉強しようと思うと、ワインスクールに行くか、ワインをブドウ品種ごとに何本か買ってきて、飲み比べなくてはなりません。もしくはワインバーに行って1杯1,000円程度のワインを頼んでテイスティングしていくしかないんです。それがここでは、いろいろな品種が時間無制限3,000円で飲み比べられるので、勉強にも試験後のトレーニングにもかなり使えると思います」

――お客様はどういう人が多いですか?

蔵石「年齢層では20代後半から50代の前半くらいの方で、全体の30%くらいは飲食店従事者やワインソムリエ・プロフェッショナルの方、小売りやメーカーの方などプロの方たちです。リピート率が高いのもプロの方たちという印象です」

――プロの方が来るということは、希少なワインがあるということですか?

蔵石「そうです。大手スーパーなどには卸していない、本当に数が少ないワインを取り揃えているのと、国ごとに特徴が分かりやすいもの、品種の特徴がよく出ているものを取り揃えています。お客様からおいしかったからワインを買いたいと聞かれるのですが、残念ながら売れないんですよ」

nomuno_20181124_07.jpg
――プロ向けの飲み放題と言うのは意外でした。3,000円という価格からすると、いっぱい飲みたい人に向けているのかと思っていました。

蔵石「もちろんそういうお客様にも使っていただいています。食べ物が持ち込み自由なので、合コンのような方も多いですよ」

――それは楽しそうですね!

蔵石「女性と男性がペアを組んで、食べ物を買い出しに行ったりしていますね。それ以外にも、近くの席のワイン好きな方同士が仲良くなったりしている姿も見かけます。最初の軸としてはプロ向け、ワインに興味がある人向けに作ったのですが、もっと幅広い使い方をしていただいています」

――ワインが並ぶ「ワインライブラリー」にグラスを持って自分でワインを注ぐのですね。

蔵石「そうです。自分で取りに行くので、立ち上がった時に自分がどの程度酔っ払っているかがわかりますよね。だから今のところ、ものすごく飲みすぎた方は見かけないですね」

――お店の扉やスツール、照明、天井もコルクでおしゃれですね。

蔵石「扉とスツールは、飲食店がワインを提供する際に出たワインのコルクを回収して再利用する『東京コルクプロジェクト』に作ってもらったもの。照明とワインライブラリーに設置されているコルク建材はポルトガルから直輸入しています。お店でもワインのコルクを回収して、「東京コルクプロジェクト」にリサイクルしてもらっています」

nomuno_20181124_08.jpg
――最後の質問になるのですが、どこの国のワインが多いのですか?

蔵石「チョイスするソムリエにもよるのですが、品種の特徴をとらえたラインナップになるのでフランスやイタリアが多いですね」

nomuno_20181124_09.jpg

【情報】
ワイン100種類飲み比べ放題(生ビール/ハイボール/果実酒含む)
※お食事は持ち込みOK、宅配OK
フリータイムOPEN-CLOSE (L.O. 22:30)/3,000円
アーリータイムOPEN-20:00 (L.O. 19:30)/2,500円
レイトタイム20:00-23:00 (L.O. 22:30)/2,500円
週末デイタイム12:00-16:00 (L.O. 15:30)/2,500円
*表記価格は全て税抜

【取材協力】
nomuno(ノムノ)
住所:東京都港区赤坂3-19-1 東京農村ビル3F
電話:03-5544-8329
営業時間:平日11:30-16:00 ランチ&カフェ(ランチL.O. 14:30)/ 17:00-23:00 (L.O. 22:30)
土日祝デイタイム12:00-16:00(L.O. 15:30)/ 17:00-23:00 (L.O. 22:30)
http://akasaka.nomuno.tokyo/

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

カテゴリ一覧