• #
  • トップ
  • グルメ
  • 日本一小さな市・蕨で"プロが集まる"料理教室を発見!インド・...

グルメ

テレ東プラス

2018.12.2

日本一小さな市・蕨で”プロが集まる”料理教室を発見!インド・ネパール料理「バルサ」で学ぶ絶品カレー

barusa_zenpen_20181202_00.jpg
「カレー」といえば、もはや日本人のソウルフードと言っても過言ではないほど愛されている国民的なメニュー。そんなカレーの本場であるインド・ネパール料理を学ぶため、主婦や食のプロまでもが通っている料理教室があるとの報せをキャッチ! なんとそこは、日本一小さな市・埼玉県蕨(わらび)市にある、こじんまりとしたレストランだとか。一体どんな料理が学べるのか、調査して来ました!

日本一小さい市・蕨に、プロが通うインド・ネパール料理教室を発見!

barusa_zenpen_20181202_01.jpg
「主婦だけでなく、食のプロも通うインド・ネパール料理教室がある」との報せを受けて降り立ったのは、埼玉県・蕨市。総面積5.11km2と「日本一小さい市」として有名な蕨に、プロの通う料理教室が......!?
半信半疑で駅から歩いて向かうと、こじんまりとしたインド・ネパールレストランにたどり着きました。

barusa_zenpen_20181202_02.jpg
「インド・ネパール料理 バルサ」さん。うーん、店構えを見る限り変哲のないレストランに見えますが、本当にここで料理教室をやっているのでしょうか。たしかに、中からはスパイスのいい香りが。こんにちはー、と中に入ってみると......

barusa_zenpen_20181202_03.jpg
おおっ、厨房には女性がぎっしり! みなさんレジュメを持って、真剣な面持ちでキッチンを見つめています。その中央でスパイスの説明をしているのが、オーナーシェフのスラジさん。

barusa_zenpen_20181202_04.jpg
スラジさん、大きくてとっても強そう......! ちょっとオドオドしていると、「どうぞ、こっちに来て近くで見てください」とスラジさん。ホッ、とっても優しい方でした!

今日みなさんが習っているのは、「ダルスープ」と「トマトのカレー」だそう。えーと、ダルスープとは......? どうやら、想像以上に本格的な料理教室のよう!

barusa_zenpen_20181202_05.jpg
「ダルとは豆のこと。ネパールでは欠かせない豆のスープです。日本のお味噌汁のような存在ですね」とスラジさん。出来上がったスープを試食させていただくと......わわっ、優しくて、それでいて奥深い味! 初めて飲んだのに懐かしいような、とても不思議なスープです。

キッチンでは、ダルスープに入れるスパイスやハーブをひとつひとつ丁寧にスラジさんが説明しています。ダルスープは美味しいだけでなく、食前に飲むことで消化を促す大切な役割があるそう。このように食で体の調子を整える方法は、世界三大医学の一つとされる「アーユルヴェーダ」にのっとっているそうです。

barusa_zenpen_20181202_06.jpg
ネパールの山奥で育ったスラジさん。病院のない地域だったため、アーユルヴェーダの先生であったお祖父さんがお医者さん代わりだったそうです。そのため、スラジさんは料理の腕だけでなくアーユルヴェーダの知識にも深く、レストランで出す料理にもアーユルヴェーダの要素が取り入れられています。
「調子が悪いな、と思ったらバルサに来ます。スラジさんの料理を食べると、ちょっとした風邪なら吹き飛ぶんですよ」と参加者の方。レッスン中にも、スパイスそれぞれの効能が解説されていました。まさかそんな本格的な料理が蕨で学べるなんて......!

一流シェフの知識を惜しみなく! 料理も絶品で「おトクすぎる」料理教室だった

barusa_zenpen_20181202_07.jpg
「スラジさんの腕と知識を、もっと多くの方に広めたくて」と話してくださったのは、この料理教室をサポートしている料理研究家の有竹智子さん。有竹さんはもともとこちらの常連だったそうですが、シェフの料理の腕と知識に惚れ込み、料理教室を開催してくれるよう直談判したところからこのレッスンが始まったそうです。今では、主婦だけでなく料理研究家やカフェオーナーなど、食のプロが集う人気の料理教室に!

barusa_zenpen_20181202_08.jpg

barusa_zenpen_20181202_09.jpg

barusa_zenpen_20181202_10.jpg
レッスンが終わり、テーブルにはできたての料理が続々と並べられています。どれも繊細で、複雑で、美味しすぎる! この日のレッスン代は6300円でしたが、一流シェフの濃すぎるレッスンとレシピ、そして盛りだくさんの絶品料理までいただけるなんて、おトクすぎる!

barusa_zenpen_20181202_11.jpg
最後はこの日集まったみなさんで記念撮影。食べきれないほどの料理を平らげた後でしたが、「スラジさんの料理は、お腹いっぱい食べても不思議と体が軽いんです」とみなさん満足げ。
絶品のインド・ネパール料理だけでなく、体を健康に導くアーユルヴェーダの知識まで学べる唯一無二の料理教室。蕨まで足を運ぶのも納得の内容でした!


【取材協力】
「インド・ネパール料理 バルサ」
335-0004埼玉県蕨市中央6丁目3−48 ハイツブルーメン 1F
営業時間:11:00~14:30(ランチタイム)、17:00~22:30(ディナータイム)
定休日:無休
TEL:048-442-2939
Facebook:https://www.facebook.com/dhunganabarsha/

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

カテゴリ一覧