• #
  • トップ
  • ライフ
  • 梅雨の憂鬱なんとかしたい! 絶対に行くべき「初夏の高原ハイキ...

ライフ

テレ東

2018.6.10

梅雨の憂鬱なんとかしたい! 絶対に行くべき「初夏の高原ハイキングBEST3」

nanairo_20180610_01.jpg


憂鬱になりがちな梅雨の季節。うっとおしい気分を爽やかに吹き飛ばす、高原ハイキングに出かけてみませんか? きつい登山は無理でも、ゆったりのんびり自然の中を歩くだけで、心も体もリフレッシュ!


生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月~木曜日 午前9時28分~放送中)では、毎回さまざまな専門家がレギュラー出演。ネイチャーガイドとして、日本の山を知り尽くした橋谷晃さんに「初心者にオススメ! 絶対に行くべき初夏の高原BEST3」を伺ってきました。


nanairo_20180610_02.jpg



初心者には初夏の高原デビューがオススメ


高原は標高1,000mから2,000mと、かなり高く感じますが、初心者にオススメの理由があります。


「スタート地点までは電車やバスなどの交通機関を利用して行くことができ、スタート地点自体が高いので、ハイキングコースは高低差も少なく緩やか。近郊の低山よりも、初夏や夏は高原デビューがもっともオススメです。


なにより、高原は歩き始めから最後までずっと絶景ですから! ハイキングが楽しくなくちゃ!


それに、低地はこれから暑くなるとバテるので、あまり初心者向きじゃない。また、これからの季節、低地は虫が出てきますが、高原に行けばそれもいない!」(橋谷さん、以下同)


高原の魅力の1つが広い風景と花。短い季節に全ての花が咲きそろうので、花の密度がとても高くなります。


「花の旬を調べて、ハイキングに行く日程を決めるのもよし、ハイキングに行く日程が決まっていたら、その時期に旬を迎えている場所に行く、これが高原ハイキングのコツですね」


橋谷さんも絶賛する、「絶景が楽しめる高原BEST3」を紹介します!



雪の残る穂高山は山岳景観美の日本一「上高地」


長野県松本市、標高約1,500メートルの山岳景勝地。
中部山岳国立公園の一部として、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されています。
URL: http://www.kamikochi.or.jp/


「ふもとから山を見た絵画的な美しさ! いきなり絶景です! 独特の水色をした梓川清流、日本の山にはないアルプス的なごつごつとした、この時期だとまだ雪の残る穂高山は、山岳景観の美、日本一だと思います」


6月下旬、穂高の残雪は谷筋だけになり、岩肌が輝く夏山の風景へ。晴天はもちろんですが、しっとりした美しさの満ちる人影少ない雨天の上高地もオススメの風景です。


また、「バスターミナルから、上高地の中心にあるシンボル的存在ともいえる河童橋までの10分ほどは混んでいるけれど、そこを過ぎればそれほど混んでいません。自然研究路遊歩道も整備されているし、お手洗いもたくさんあるので初心者でも安心です。ぜひ明神池や大正池にも足を延ばしてください」と橋谷さん。


nanairo_20180610_03.jpg



季節を追うごとに変わる花々の彩る風景「尾瀬」


福島県・新潟県・群馬県に3県にまたがる標高1,400メートルの高原。
中心となる尾瀬ヶ原は約1万年前に形成されたと考えられる湿原。
URL: https://www.oze-fnd.or.jp/


「1シーズンでも様々な花が楽しめます。5月末から6月の上旬にかけては水芭蕉、続いてアヤメのブルーとワタスゲの白い綿毛で埋まり、その後はコバイケイソウとレンゲツツジの白と赤の季節に、それが終わるとニッコウキスゲで一面黄色の景色に...と、この時期から8月までは時期ごとに変わる花の景色が楽しめます」


6月は、"水芭蕉の花が咲いている♪"と童謡「夏の思い出」にも歌われている"これぞ尾瀬"という絶好のシーズン! 混雑も予想されますが、「混んでる時期は、いい時期ということ! それも込みで楽しんでください」と橋谷さん。


「尾瀬ヶ原には、山小屋があるので泊まるとまた朝夕の景色が素敵です。朝霧に包まれた湿原に、光が差すと低い場所に虹がかかって、幻想的な風景は、まさに絶景です」


山小屋は完全予約制。個室があるので、友達同士でもゆっくり寝られる構造で初心者にもオススメだとか。シャワーも完備しているが、水質汚染防止のため石鹼やシャンプーは使えないので、クレンジングシートや、水のいらないシャンプーなどの用意が必要です。


nanairo_20180610_04.jpg



2,000m級の山々が連なるパワースポット「大雪山」


北海道上川郡東川町、標高1,700メートル位置する日本最大級の高山帯。
かつてアイヌの人々からは「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼ばれていたパワースポット。
URL: https://www.env.go.jp/park/daisetsu/index.html


「ロープウェイがあって登りやすい。黒岳に上ってちょっと歩いていただくと、足元から地平線まで花!花!花!で埋め尽くされていて、本州にはない大陸的な広さを感じられます」


標高は2,000m前後の大雪山ですが、緯度が高いため標高1,700m辺りから高山植物が咲き乱れ、花畑を見ることができます。250種以上といわれるほど豊富な高山植物や、氷河期の生き残りといわれるエゾナキウサギなど希少な動植物も生息。


北海道は梅雨がないので、本州が梅雨の時期にこそ訪れてみたいですよね。


nanairo_20180610_05.jpg
大雪山 写真 出典:環境省ホームページ



これだけは絶対にダメ! ハイキングのNG行動!


楽しい高原ハイキングを楽しむためにも、絶対にしてはいけない行動が2つあると橋谷さん。


道から外れない! 植物を殺してしまいます!
「今咲いていなくても、あなたが踏んだその靴の下にはこれから咲く花があるかもしれないんです。決められた道を歩いてください!」


生ゴミを捨てない! 生態系が崩れてしまう!
「ゴミは全て持って帰るのが原則です。ミカンの皮やプチトマトのヘタなど生モノならいいと思うかもしれませんが、腐るまでには長い時間が必要。土に返るまでに、カラスや熊など、本来はそこにいない生物を呼び寄せ生態系を乱してしまう。持ち込んだものは全て持ち帰ってください!」


うっかりやってしまいそうなNG行動です! 自然を楽しむためにも、最低限のマナーはきちんと守りたいですよね。


前回紹介した「今からだって遅くない、山デビュー! ネイチャーガイド・橋谷晃が初心者に教えるトレッキングの基本」で紹介したグッズを用意して、梅雨明けとともに爽やかな絶景を歩く高原デビューをしてみませんか。


取材協力:橋谷晃さん。ネイチュアリング・スクール「木風舎」の代表。『中央線で行くハイキング&山歩き』(監修、コスミック出版)、『チャレンジ!ホビー あなたもこれから山ガール』(監修、NHK出版)、『ネイチャースキーに行こう』(スキージャーナル)、『トレッキングのABC』(山と溪谷社)など著書多数。NHK BSプレミアム『にっぽん百名山』シリーズなどテレビ・ラジオなど多数出演している、山歩きのエキスパート。


オフィシャルHP: http://www.mokufusha.com/


橋谷晃さんも出演する「なないろ日和!」は、今後もあらゆる専門家が出演し、生活に役立つ情報をお届けしていきます。毎週月~木曜日 午前9時28分からのOAも要チェックです!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

なないろ日和!

なないろ日和!

薬丸裕英と香坂みゆきのMCでお送りする生活情報番組!ともにアイドル、そして今は良き父親、母親になっている両氏ならではのトークをリラックスしてお楽しみください!

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~木曜 朝9時28分

出演者

薬丸裕英、香坂みゆき、山内乃理子 他

カテゴリ一覧