• #
  • トップ
  • ライフ
  • 女性の足のお悩みNo.1「外反母趾」にも効果! 自宅でできる...

ライフ

テレ東

2018.9.2

女性の足のお悩みNo.1「外反母趾」にも効果! 自宅でできる「足のセルフケア」

ハイヒールやパンプスを履く機会の多い女性は「外反母趾」の方も多いのでは? 実は、中高年女性の5人に1人は悩んでいるといわれています。


今回は、さまざまな専門家がレギュラー出演中の生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月~木 午前9時28分~放送中)から、足のスペシャリスト・桑原靖先生が登場。日本で初めて足専門のクリニックを開院した桑原靖先生に、「外反母趾」の予防をはじめ、簡単にできる「足のセルフケア」についてうかがいました。


nanairo_20180902_01.JPG



「外反母趾」の症状と治療法


まず「外反母趾」の症状や原因を正しく知っていますか?


「外反母趾は"母趾"が原因ではなく、足のアーチ構造が崩れることによる関節軸のズレで脱臼する病気」と桑原先生。その結果、足の親指がくの字に曲がり、悪化すると付け根の骨が外に突き出てくることも。


初期の症状はどんなものでしょうか?


「初期の外反母趾は、 親指のつけ根に強い痛みを感じるだけで変形はあまりありません。痛みで病院に行っても、変形が軽度のため"経過観察"の診断を受けてしまうこともあります。
そして進行すると、関節が脱臼して変形はしますが、親指の痛みはなくなります。変形してから病院に行っても『痛くないので様子をみましょう』と診断されてしまうことも。まずは、きちんとした専門医に行くことをオススメします」


原因と予防、そして治療法は?


「原因は、足が柔らかいためアーチ構造が崩れやすい、中足骨頭の場所、中足骨の長さ、この3つです(※中足骨...足の足根骨と指骨の間にある長骨)。こうした "親指への負担がかかりやすい足"の方は、外反母趾になる可能性が高くなります。
予防するにはストレッチをすることや、適切な靴選び、前回紹介したインソールでアーチ構造を正しく戻すことも大切ですね。
そして変形した指を治すには手術による矯正が唯一の根本治療になります」


桑原先生のクリニックでは吸収性のネジ(生体に吸収される素材ネジ)を使用した手術を行っているそうです。まずは、自分の足がどんな状態にあるのかを、きちんと診断してもらうことが必要かもしれませんね。
桑原先生のクリニックはこちら



ヒールを履きたい女性へのアドバイス


nanairo_20180902_02.jpg


それでもハイヒールや、インソールを使えないサンダルも履きたい! という女性のために、桑原先生に5つのポイントを教えていただきました。


Point.1 ヒールは4cm以内で足への負担は最小限に
Point.2 靴を履いたときに足ゆびが見えてしまうような浅い靴はNG
Point.3 ストラップ付きで脱げにくいものを
Point.4 ピンヒールよりウェッジソールで足を安定
Point.5 移動時はスニーカーなど、必要に応じて履き替える


このポイントを守ればタコなどもできにくくなるそうです。



ストレッチで足のセルフケア


「年齢を重ねると股関節も固くなります。そこでアキレス腱と股関節のストレッチをするだけで随分と変わりますよ」と桑原先生。自宅で簡単にできるストレッチを教えていただきました。


【アキレス腱(腓腹筋)ストレッチ】ハイヒールをよく履く人にオススメ!
アキレス腱が固くなっている可能性あり。アキレス腱を柔らかくすることで足が疲れにくくなります。


1.壁の前に立ち、両肘をまっすぐ伸ばして壁に両手を付ける。
2.伸ばしたい足を後ろに一歩下げ、前のひざをゆっくり曲げていく。
両足のつま先は壁に対して垂直に向け、踵は床につけるのがポイント!
3.アキレス腱がやや突っ張る程度の状態でそのまま動かずストレッチ。
ゆっくりと自然呼吸をしながら気持ちよく、1分程その姿勢をキープ。反動をつけずに行いましょう。
4.足を左右変えて同時に行う。


nanairo_20180902_03.jpg

足のクリニック提供


【股関節前面(大腿四頭筋)伸ばし】正しい歩き方をサポート!
足の付け根を伸ばすことで柔軟性を高め、股関節が動かしやすくなります。


1.両足を大きく前後に開いて立つ。
2.前の足は膝を曲げ、後ろの足は膝を床につける。
3.上半身は真っ直ぐ床と垂直の状態を保ちながら腰を前に突き出す。
4.後ろの足の股関節のつけ根から太ももの前側が伸びる程度で自然に呼吸しながらその姿勢 を1分間キープする。
5.足を変えて左右同じように行う。


nanairo_20180902_04.jpg

足のクリニック提供


【股関節ひねりストレッチ】姿勢が悪くO脚気味の人にオススメ!
股関節を内向きにひねり柔らかくすることでO脚を予防。


1.両ひざを立てて座る。両手を体の後ろにつけて体を支える。
2.片方の足の膝を内側に倒す。この時膝は床にしっかり付け、お尻が浮かないようにする。
3.足のつけ根、股関節から太ももの、足の側面が引っ張られるのを感じながらゆっくりと伸ばし、呼吸を整えてその姿勢を1分間キープ。
4.足を変えて左右同じように行う。


nanairo_20180902_05.jpg

足のクリニック提供


【股関節外向きひねりストレッチ】X脚や腰痛の人にオススメ!
股関節を外に開き柔らかくすることで、X脚や腰痛を予防。続けることでむくみ改善効果も期待できます。


1.両ひざを大きくひらき、あぐらをかくように床に座る。
2.両手は足指をつかみ姿勢良く座る。
3.背中が丸まらないように伸ばしたまま上半身を前に倒す。
4.股関節が開くのを感じながら膝が浮かないように肘でふくらはぎや太ももの内側を押す。
5.太ももの内側が伸びるのを感じるところで1 分間その姿勢をキープ。自然呼吸を忘れずに。


nanairo_20180902_06.jpg

足のクリニック提供


足の変化に気が付いた時は、すでに症状が進行してしまっていることも多いそうです。そうならないためにも「お風呂に入った時に、きちんと足の指の間まで洗ってみてください。毎日気にしていれば小さな変化にも気づきやすくなります。早く気づいけばストレッチやインソールなどで矯正ができて、手術までしなくてもよくなる可能性も高くなりますよ」と桑原先生。きちんと洗えば、水虫予防にも効果あり。大切な"足"だからこそ、毎日のバスタイムから意識してみてはいかがでしょうか。


取材協力:「足のクリニック表参道」医院長・桑原靖先生。形成外科医。日本で初めての足専門のクリニックを開設。形成外科、整形外科、皮膚科、リウマチ科など足に関する各分野で専門的な医療を提供している。「外反母趾もラクになる! 『足アーチのつくり方』」「日常診療でよく出会う足病変の診かた」などの著書も出版している、足のスペシャリスト。


オフィシャルHP:http://ashi-clinic.jp/


桑原靖先生も出演する「なないろ日和!」は、今後もあらゆる専門家が出演し、生活に役立つ情報をお届けしていきます。毎週月~木曜9時28分からのOAも要チェックです!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

なないろ日和!

なないろ日和!

薬丸裕英と香坂みゆきのMCでお送りする生活情報番組!ともにアイドル、そして今は良き父親、母親になっている両氏ならではのトークをリラックスしてお楽しみください!

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~木曜 朝9時28分

出演者

薬丸裕英、香坂みゆき、山内乃理子 他

カテゴリ一覧