• #
  • トップ
  • スポーツ
  • 巨人のエース・菅野と、伯父そして前監督でもある原辰徳の夢の対...

スポーツ

BSジャパン

2017.12.27

巨人のエース・菅野と、伯父そして前監督でもある原辰徳の夢の対談!胸に秘めたお互いの気持ちを聞いた!

2018年1月3日(水)午後2:00~午後3:54に放送されるBSジャパン「TV初共演!原辰徳VS菅野智之~夢のゴルフガチンコ対決~」では、ジャイアンツ前監督である原辰徳さんと、甥であり現在ジャイアンツでエースとして活躍する菅野智之選手の、夢のゴルフ対決の様子をお送りします。


ゴルフ対決の後、テレビ初共演の2人の対談がスタートしました。今回は、その時の内容をお届けします!


今年、活躍が評価され数々の賞を受賞した菅野投手。そんな彼を原さんは「WBCという大きな舞台でエースとして戦えて、その自信というものが非常に活きたシーズンだったように見える」と話します。菅野投手自身にとってもWBCは強く印象に残っているようで、どんな試合でも「WBCのときのプレッシャーに比べれば......」と思えるのだとか。


20171227_harasugano_01.jpg


「"打者・原辰徳"として菅野投手と勝負をするとしたら?」の問いには、「僕は打てないね」と、即答する原さん。菅野投手が持っている球種やそれを見たバッターが受ける印象などを細かく解説してくれました。


話題は、東京オリンピックについて。菅野投手は「WBCでの経験も自分にとっては大きなものだったが、オリンピックはより注目度もプレッシャーも高まる場だと思う。そこで結果を残せることができれば、きっと見えてくるものもあるはず」と、2020年を見据えて話します。


原さんもそんな菅野投手の未来の活躍に期待を持っているようです。


原さんは、監督を退任してからは菅野投手を"甥"として応援しているようですが、それまではそのような感覚を持ったことがなかったといいます。


菅野投手が幼い頃、伯父である原さんが野球に携わる姿を見た時に感じていた事についても伺いました。といっても、世代的には原さんの現役時代よりも、それ以降のコーチや監督としての原さんの印象が強いという菅野投手。そのため、菅野投手にとって原さんは"伯父さん"というよりも1人の野球人という存在でした。


20171227_harasugano_02.jpg


菅野投手は大学卒業後、ジャイアンツに入るために1年間待つという経験をしています。そのときのことを振り返り、


「今思うと、良い時間だった。当時は、目標がなくてとても苦しかったけれど、自分で覚悟を持って挑んだ1年間だった」と語る菅野投手。原さんも当時は「なかなか味わうことができない時間だから、やりたいことをやりなさい」と声をかけたと言います。
その言葉通り、この期間、菅野投手は大学での練習に加えて、アメリカへ渡ってトレーニングの改善をしたり、体のメンテナンスなどをじっくり行なったりする事ができたそうです。また、大好きなゴルフをじっくり練習できたのもこの期間。大学の野球部の全体練習に参加する前の空き時間に、毎日打ちっぱなしへ通っていたと言います。


20171227_harasugano_03.jpg


原さんがこれからの菅野投手に望んでいることについて、伺いました。「彼はもうすでに自分の中で意識の高さを上げられる人。良いコンディションで野球をやってもらいたい。ただそれだけ」と答えます。


菅野投手の「原さんが監督だったときを振り返って『今だから聞ける』という疑問はなかったか」という質問には、「疑問として残るようなことは言われていない」と答える菅野投手。原さんは「俺、無茶言わなかっただろ?」と一応確認します。


菅野投手が3年目のある試合で、8回まで調子良く投げていたところ、最後の最後に逆転2ランを打たれてしまった事を話しました。試合後に監督室へ呼ばれて「怒られるなぁ」と思っていた菅野投手は、予想外にも調子がよかった8回までのピッチングについて褒めてもらえたのだとか。「あれがお前の本来のピッチングスタイル。あれを次の試合でもできるようにがんばれ」と言われたことが、今のピッチングにも繋がっている印象深い出来事」なのだと言います。


そのときのことを原さんもまだ覚えているようで、「何かを感じたら、それを自分ひとりで思うだけではなく、気がついた時に伝えあてあげる事が大切。ピッチャーには、今までが良くても最後の1球がダメだったという、ピッチャーなりの難しさがある。とはいえ、菅野本人は打たれてしまったことが相当悔しかったはずなので、そのことを直接言わずして伝えてあげることは、どの選手にもしてきたつもり」と、監督時代を振り返ります。原さんは、思った事はなるべく伝えるようにしていると言います。


20171227_harasugano_04.jpg


監督と選手という間柄でいる期間も、特に2人で何かを話す機会はなかったと言い、原さんは「自分は自然体で接していた」と言います。しかし、菅野投手は「自分は若干よそ行きな態度だったかも」と告白。チームメイトから愛のある(?)冷やかしがあったこと事も話しました。


お正月には、菅野投手に昔からたくさんお年玉をあげてきたという原さん。今年は、「勝ちにこだわってほしい」というお年玉的なひと言が贈られました。「多くのジャイアンツファンがチームに望んでいることは、"勝利"。チームの中で自分がどう戦うべきなのかを考えて、ジャイアンツの勝利を勝ち取ってほしい」と激励します。それを受けて菅野投手は、「少しでも長く活躍している姿を見せることで、恩返ししたい」と話します。


"伯父と甥""監督と選手"という2つの関係性を持った2人の、今まであまり語られることがなかった話がたくさん飛び出した貴重な対談でした。


ツーショットでテレビカメラの前に出ることは希少な原さんと菅野投手の様子は、2018年1月3日(水)午後2:00~午後3:54に放送されるBSジャパン「TV初共演!原辰徳VS菅野智之~夢のゴルフガチンコ対決~」にて、ぜひご覧ください。


番組名:TV初共演!原辰徳VS菅野智之~夢のゴルフガチンコ対決~
放送日:2018年1月3日(水)午後2:00~午後3:54
出演:菅野智之(読売巨人軍投手)、原辰徳(前読売巨人軍監督)、深堀圭一郎(プロゴルファー)、植草朋樹(テレビ東京アナウンサー)
公式HP:http://www.bs-j.co.jp/official/yumegolf/

この記事を共有する

関連タグ

カテゴリ一覧