• #
  • トップ
  • トラベル
  • 時間との勝負! 30分で東京唯一の村の魅力を探る!:バカリズ...

トラベル

BSジャパン

2018.3.6

時間との勝負! 30分で東京唯一の村の魅力を探る!:バカリズムの30分ワンカット紀行

バカリズムの30分ワンカット紀行【BSジャパン】3月5日(月)放送分

東京都唯一の村・檜原村をワンカット撮影

最近気になるスポットを歩きながらワンカットで撮影して回る「バカリズムの30分ワンカット紀行」。3月5日(月)は、以前取り上げた際に好評だった「東京都唯一の村・檜原村」のリアルワンカット紀行をお届けしました。演出・台本一切なしで、ジャスト30分で何が撮れるかは運次第のこの企画。


onecut_20180306_01.jpg


まずは、村長・坂本義次さんのご挨拶から。得意のオカリナの演奏を披露してくれました。檜原村は、新宿から電車とバスを乗り継いで、約1時間30分の場所にあります。村の面積の約93%が林野で占められている、自然豊かな村です。


onecut_20180306_02.jpg


撮影がスタートして、ヤツガシラを育てている畑を耕す方々に出会いました。ヤツガシラは里芋の一種で、檜原村の名産品。お話を聞いていると、5分経ってしまいました。


続いて、木材を道ばたに並べて乾かしている野村材木店の野村さんにも遭遇。スギ・ヒノキもこの村の名産品で、野村さんは檜原村の林業の歴史について語ってくれます。しかしここまでで、7分をオーバー......。


onecut_20180306_03.jpg


老人ホーム「檜原苑」を発見。まだ一昨年の12月にできたばかりの新しい建物で、村の人なら誰でも利用できる喫茶室があります。ココアを飲んで休んでいたおばあちゃんに檜原村のいいところを聞くと、「お祭りが盛大」と答えてくれました。「私が住む地域ではサンバをやるんですよ」と言いますが、"サンバ"はブラジルのあれではなく、"小沢式三番"という由緒正しい神事なんです。


onecut_20180306_04.jpg


大きな家々がありますが、なかなか人に出会えず。「ひのはら 緑の休暇村」に入ってみます。そこでは数人で薪割りを行なっていました。この割った薪で炭を作る"炭焼き体験"というイベントに参加しているそう。檜原村では、この他にも、うどん作り体験や林業体験など、様々な体験イベントを開催しているようです。


onecut_20180306_05.jpg


残り10数分のところで、自転車に乗る方にお話が聞けました。この辺りは、自転車で山や丘などの上り坂を走りたい人たちがよく集まる場所なのだとか。お話を聞かせてくれた方は、自転車の案内などをしている檜原村の有名人でした。今度の春から、自転車に慣れていない人もサイクリングを楽しめるように、電動アシスト自転車のレンタサイクルサービスが村でも始まるようです。


onecut_20180306_06.jpg


10分を切りましたが、やっぱり人とはなかなか出会えません。見つけた果物の木を撮ってレポ。そのうち山道に入ってしまいます。自然のど真ん中ですが、余計に人の気配がなくなってきました。そこで、こんなこともあろうかと用意していた車を手配!


onecut_20180306_07.jpg


残り3分のところで、檜原太鼓の練習をする「桧原太鼓 深山会」のみなさんを発見。夏の本番に向けて今から練習に励んでいるようです。迫力ある演奏を披露してもらいますが、残り1分のところで監督が焦って演奏をストップさせてしまいます。最後、この練習のスペースを貸し出している第一石産運輸(株)工場長・櫻井さんに、檜原村の良い所を聞きますが、答えてもらう前にタイムアップで撮影終了!


onecut_20180306_08.jpg


檜原村の魅力を知ることができましたが、やはり30分という時間に振り回されてしまう結果に。スタジオのバカリズムと内田理央は、「後半になるにつれて雑になりすぎ!」と監督にガチなダメ出し。もちろん、撮影にご協力いただいたみなさんのウラ話もあります。

東京都唯一の村・檜原村の自然豊かな光景は、「ネットもテレ東」で限定配信中!

この記事を共有する

関連タグ

バカリズムの30分ワンカット紀行

バカリズムの30分ワンカット紀行

今見たい日本全国の魅力あるスポットを“30分ワンカット”でお届け!ずっと繋がっている…!30分ワンカットの中毒性のある映像紀行バラエティです。

放送日時:BSジャパン 毎週月曜 夜11時30分

出演者

バカリズム、内田理央

カテゴリ一覧