• #
  • トップ
  • トラベル
  • 何匹出会える? 谷中銀座商店街で"街猫"をさがせ!:バカリズ...

トラベル

BSジャパン

2018.5.28

何匹出会える? 谷中銀座商店街で”街猫”をさがせ!:バカリズムの30分ワンカット紀行

onecut_20180528_01.jpg


【配信終了日:6月1日(金)】動画はこちら


最近気になるスポットを歩きながらワンカットで撮影して回る「バカリズムの30分ワンカット紀行」。5月25日(金)は谷中銀座商店街の様子をワンカット紀行でお届けしました。


onecut_20180528_02.jpg


下町風情があふれる商店街・谷中銀座商店街。昔から「猫が多い街」ということで、今回は猫にまつわるスポットを巡ります。何匹の街猫に遭遇できるのでしょうか? 千駄木側入り口からスタートです。


早速、「屋根の上に猫を発見!」と思いきや、これは木彫りの猫。商店街に全部で7体の木彫りの猫が、ストリートオブジェとして飾られているようなので、探しながら歩くのも楽しいはず。


onecut_20180528_03.jpg


2体目の木彫りの猫を見つけたのは、「越後屋本店」の屋根。こちらは、明治37年から年中無休で営業している酒屋です。店頭で冷えたお酒を売っており、店先で飲んで楽しむことができます。


続いて訪れたのは立ち飲み専門店の「立呑写楽」。テイクアウトで食べ歩きができる明太子ポテトクリームがおすすめです。こちらのお店の前にも猫を発見。「阿ニャン」と「吽ニャン」の2匹は、まるで招き猫のよう。


onecut_20180528_04.jpg


次に向かったのは、「招き屋」。ここでは、招き猫の形をしたおやつ「福にゃん焼き」が食べられます。福にゃんは、『釣りバカ日誌』シリーズでおなじみの漫画家・北見けんいち先生がデザインしたそう。おすすめの十勝あん入り福にゃん焼きは、甘さが程よく美味しい一品。店内にも猫のオブジェがたくさんあります。


onecut_20180528_05.jpg


「路地裏に街猫がいるかも」という情報をゲットし、ねこじゃらし片手に路地裏を散策することに。しかし、そう簡単には見つからず......。どうやら夕暮れ時になると「夕焼けだんだん」のあたりに多く見られるようです。


商店街に戻って、お茶屋さん「金吉園」へやってきました。店内に猫がいるというので探してみると......。店先に木彫りの猫・タマちゃんを発見しました。頭を撫でるとご利益があるようです。しかし、そろそろ本物の猫にも会いたいところ。


onecut_20180528_06.jpg


続いて、猫雑貨のお店「布風船」へやってきました。店内にはたくさんの猫グッズが並びます。人気なのは、猫が描かれたぐい飲み。店主の小松崎さんに「この辺で猫に会えないか」と聞いてみると、なんと「布風船」の準社員として猫のターちゃんが働いていました。ついに本物の猫に遭遇! ターちゃんは飼い猫ではなく、たまに「布風船」にやってくる街猫。取材時は、休憩中で寝ていたようですが、おもちゃを揺らすと猫パンチを見せてくれました。


onecut_20180528_07.jpg


次はどこで猫に会えるのか......、と思いきや、ここで時間いっぱいになってしまい撮影終了! しかし、「このままでは終われない!」と思ったスタッフがロケ後に猫探しを続行しました。果たしてどれくらいの猫に出会えたのでしょうか?


撮影裏話もたっぷりある今回のワンカット紀行。この放送は現在、「ネットもテレ東」で配信中です。

関連タグ

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧