• #
  • トップ
  • トラベル
  • ファッションの発信地"裏原宿"で意外なグルメを発見:バカリズ...

トラベル

BSジャパン

2018.6.4

ファッションの発信地”裏原宿”で意外なグルメを発見:バカリズムの30分ワンカット紀行

onecut_20180604_01.jpg


【配信終了日:6月8日(金)】動画はこちら


最近気になるスポットを歩きながらワンカットで撮影して回る「バカリズムの30分ワンカット紀行」。6月1日(金)は裏原宿の様子をワンカット紀行でお届けしました。


onecut_20180604_02.jpg


90年代初頭からファッションの震源地としておしゃれな若者が集まる場所となった裏原宿。神宮前交差点付近からスタートです。原宿定番のクレープも食べ歩き。


早速、昨年オープンしたばかりのアパレルショップ「#FR2 HARAJUKU」を覗いてみます。こちらは、少し過激な広告写真がインスタグラムで話題を呼び、人気を集めているブランド。店先から見える、ウサギのカメラマンをモチーフにしたマネキンが目印です。


onecut_20180604_03.jpg


プロペラ通りにやってきました。ビンテージジーンズなどを扱う古着店「banana boat」へ。こちらは、35年続く歴史も古いお店で、世界的ミュージシャンのエリック・クラプトンも来日した際にお買い物に来たことがあるとか。店員の犬飼さんは、店長に代わって台本通りしっかりお店を紹介してくれました。


onecut_20180604_04.jpg


さらに、プロペラ通りにはオシャレなショップが並びます。そんな中に中華料理店「胡弓」を発見。17年続くこちらのお店の人気メニューは、マーボードーフ定食。リーズナブルで美味しい「胡弓」は、周囲のショップ店員さんの大事な食堂のような存在になっています。


onecut_20180604_05.jpg


スニーカーショップが立ち並ぶ通りには、東京でも珍しい牛骨ラーメンのお店「らーめんダイニングJinGu」があります。ローストビーフが乗ったラーメンは、モッタリしたコクと食べ応えある太麺との相性が抜群です。


onecut_20180604_06.jpg


女の子向けアパレルショップが多く並ぶ原宿通りにやってきました。原宿観光局スタッフ・RUKIさんおすすめの場所へ行くと、ビルの前に原宿には似つかわしくない二宮金次郎像が。ここにあった家にもともとあった像で、建て替える際に思い出として残しておいたそう。今のようにたくさんのショップが立ち並ぶ前の裏原宿は、住宅しかなかったようです。


onecut_20180604_07.jpg


渋谷と原宿を結ぶキャットストリートへやってきました。ここには独創的なショップが並びます。「PARISIEN」は、ちょっと変わったTシャツを多く扱っているお店。45年前に竹下通りで生まれ、4年前にこの場所にお引越し。そんな老舗ショップには、原宿を知り尽くすお姉さんスタッフが集まっています。


onecut_20180604_08.jpg


最後に、昔ながらの原宿の街並みが見られると聞き、向かってみることに。それは、住宅が並ぶ細い路地。昭和30年代からそのまま残っているこの辺りですが、奥には明治通りに建つ背の高いビルが見え、今と昔の原宿が共存している不思議な景色が楽しめます。


ここで働く人たちの愛もたっぷりあふれる今回のワンカット紀行。この放送は現在、「ネットもテレ東」で配信中です。

関連タグ

バカリズムの30分ワンカット紀行

バカリズムの30分ワンカット紀行
放送日時:BSジャパン 毎週金曜 深夜0時

今見たい日本全国の魅力あるスポットを“30分ワンカット”でお届け!ずっと繋がっている…!30分ワンカットの中毒性のある映像紀行バラエティです。

出演者

バカリズム、畠山愛理

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧