• #

トラベル

BSジャパン

2018.6.11

“激うま盆栽コロッケ”人気急上昇中の街・大宮をぶらりワンカット:バカリズムの30分ワンカット紀行

onecut_20180611_01.jpg


【配信終了日:6月15日(金)】動画はこちら


最近気になるスポットを歩きながらワンカットで撮影して回る「バカリズムの30分ワンカット紀行」。6月8日(金)は埼玉県・大宮の様子をリアルワンカット紀行でお届けしました。


onecut_20180611_02.jpg


最近、「住みたい街」として人気が急上昇している埼玉県・大宮。大宮公園駅前からスタートします。


あいにくの天気の中、屋根があるギリギリの場所で洗濯物を干している方に出会いました。この方は、タクシー運転手の西堀さんで、「大宮のいいところは人があたたかいところ」と話します。


onecut_20180611_03.jpg


もう少し歩くと、店先に美味しそうな揚げ物を並べている精肉店「肉の平金」を発見しました。お店一押しの「盆栽コロッケ」は、キタアカリというジャガイモと牛ひき肉が使われた特別なコロッケ。商品名は、この辺りの地名「盆栽町」が由来しているといいます。


onecut_20180611_04.jpg


さらに進むと、緑豊かな通りを見つけました。住宅街に続くかえで通りという道で、地面が石畳風に舗装されているのが特徴。ここで犬の散歩をしていた方に、この辺のいいスポットを聞いてみると「漫画会館」という答えをいただきました。早速向かってみることに。


さいたま市で運営しているという「漫画会館」は、明治から昭和にかけて活躍していた風刺漫画家・北沢楽天が暮らしていた家の跡地にありました。日本漫画のルーツともされている北沢楽天は、漫画家としてお金をもらった人第1号という、かなりすごいお方だそう。


onecut_20180611_05.jpg


今度は、広場で集まっている人たちを見つけました。みなさんは、ターゲットバードゴルフという、バドミントンの羽根がついたゴルフボールで行なうスポーツを楽しんでいたようです。次の日が大会だったそうで、雨の中にも関わらず練習に励んでいました。ナイスショットを見せてもらい、さらに、「盆栽町」という地名にまつわる歴史も聞くことができました。


onecut_20180611_06.jpg


かつて盆栽を育てて売買する業者で栄えたことから「盆栽町」と呼ばれるようになったこの一帯。今でも盆栽の栽培が盛んに行なわれているとのことで、教えてもらった「藤樹園」にお邪魔しました。


お店の方が、季節の変わり目に必要な作業「芽摘み」を行なっている真っ最中。これは、美しい盆栽に仕上げるためには欠かせない大事な作業なのだそう。ここで監督が「この中で1番高価な盆栽はどれですか?」と聞き、立派な盆栽を見せてもらうことに。しかし店主いわく「値段を聞くのは素人の常套」。


onecut_20180611_07.jpg


藤樹園で「盆栽の美術館があるのでぜひ行ってみてください」と紹介してもらいますが、撮影時間は残り5分。急ぎ足で向かいます。


カメラレンズに雨水がつきながらも、なんとか残り時間2分で「大宮盆栽美術館」へとやってきました。落ち着いた雰囲気の建物の中に入り、監督は「高い盆栽があるって聞いたんですけど」と情緒がないご挨拶。係の方に案内してもらい、ギリギリで高価な盆栽の撮影に成功しました。


この高価な盆栽の詳細や、その他撮影にまつわる裏話も続く今回のワンカット紀行。この放送は現在、「ネットもテレ東」で配信中です。

関連タグ

バカリズムの30分ワンカット紀行

バカリズムの30分ワンカット紀行
放送日時:BSジャパン 毎週金曜 深夜0時

今見たい日本全国の魅力あるスポットを“30分ワンカット”でお届け!ずっと繋がっている…!30分ワンカットの中毒性のある映像紀行バラエティです。

出演者

バカリズム、畠山愛理

この記事を共有する

番組タグ

関連記事

カテゴリ一覧