• #
  • トップ
  • トラベル
  • 子どもの"通知表"がない? 親子仲が良くなる子育てしやすい街...

トラベル

テレ東

2018.11.18

子どもの”通知表”がない? 親子仲が良くなる子育てしやすい街ってどこ?

10月から、新番組「旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ~」(毎週月~金曜 朝8時 月1で土曜日にSPを放送)がスタート!  この番組では、定年後、子育て後など人生に一区切りついた、いわば"人生のハーフタイム"にいる方たちを、敬意をもって「おつかれ様」と呼ぶことに...。

otukaresama_20181118_01.jpg
人生後半戦への活力になる旅「ハーフタイムツアーズ」を紹介していきます。この番組では15の旅テーマを設けて「おつかれ様」を充実の旅へと誘いますが、今回ご紹介するテーマは、「移住気分を味わいたい」。

そもそも「なぜ旅番組で移住?」と思った方もいるのでは? そんな皆様は、まず先日掲載した「移住 北九州市編」の記事も合わせてご覧ください。実は今、移住の人口が増加しているのです。

しかし、今の生活や仕事、家族、交友関係を考えると、興味はあっても二の足を踏んでしまうという方がほとんど。そんなみなさんにぜひ体験していただきたいのが、ハーフタイムツアーズオリジナル「移住体験ツアー」です。

行政や地元住民の主導により、地域の魅力を観光目線だけでなく暮らすことをイメージしてもらうようなツアー内容。今回その舞台になったのは、長野県・伊那市です。

otukaresama_20181118_02.jpg
※宝島社 田舎暮らしの本 より

移住検討者や田舎暮らしには、もはやおなじみのバイブルである「田舎暮らしの本」。その中の"2017年版 住みたい田舎ベストランキング!"では、長野県が3年連続で1位に選ばれており、人気の移住候補地となっています。

そんな、今最も魅力あふれる長野県内に位置する伊那市の移住体験ツアーに密着した「おつかれ様」は、モデルの前田典子さん。数々のファッション誌で活躍しそのライフスタイルは同世代の女性たちの憧れ! 一人息子が18歳になったのを機に次の暮らしを模索しています。

otukaresama_20181118_03.jpg
前田さんが移住に求めるのは「東京にはないような自然」。移住について不安に思うことは「仕事」そして「子育て」についても興味があるとのこと。
そこで今回は、番組で紹介した先輩移住者のみなさんを訪問して「移住を検討する際に気になるポイント」を見ていきます。

キニナル その①「東京にはないような自然」

otukaresama_20181118_04.jpg
これはもう、圧倒的な大自然ですね。南アルプスと中央アルプスに囲まれ、街の中央部を天竜川と三峰川(みぶがわ) が流れる自然豊かな街です。

キニナル その②「仕事」

otukaresama_20181118_05.jpg
まずはじめに訪れたのは、商店街でお店を営む平賀裕子さん。平賀さんのお店では、ミツロウキャンドルの輸入販売をはじめ、地元で活動するクラフト作家の作品も取り扱っています。

otukaresama_20181118_06.jpg
自然素材の衣類や食料品などが並ぶ可愛らしい雰囲気に、いつも地元の人で賑わっているそう。

otukaresama_20181118_07.jpg
続いて、東京から移住してきた入倉浩平さん。2016年に「カモシカシードル醸造所」を設立。

otukaresama_20181118_08.jpg
わずか1年で、海外メーカーも参加した"シードルコンテスト"で国内唯一の金賞を受賞。こだわりのお酒造りが評価されています。

otukaresama_20181118_09.jpg
そして最後にご紹介するのは、名古屋から移住してきた大竹さん一家。広大な自然広がるこの土地に、住居兼レストランをオープンしました。

otukaresama_20181118_10.jpg
さらに、土地の一角で、1日1組限定のコテージも営んでいます。店内には、奥様が買い付けて来た西洋アンティークの雑貨店も併設。

otukaresama_20181118_11_b.jpg
先輩移住者のみなさんが今の暮らしを最高に楽しんでいる様子は、ぜひ番組を見て頂きたいのですが、結論から言うと、みなさんの仕事事情...なんとかなっちゃってました(笑)

キニナル その③「子育て」

伊那市には、大変ユニークな子育て方針をしている公立小学校があります。ここではその一つ「伊那市立伊那小学校」をご紹介!

otukaresama_20181118_12.jpg
一見なんの変哲もない公立小学校ですが...なんと!

「チャイム」、「時間割」、「通知表」

がないんです!

児童たちが休み時間に関係なく活動や学習に集中して取り組むので、集中を遮ってしまうチャイムをなくしたのだとか。
一週間の固定した時間割をなくすことで、児童の状況によって翌日の活動を決めるとのこと。
「通知表がない」のは、児童の状況を通知表という一定の形式で伝えるのではなく、保護者との個別懇談によって、児童の長所・短所、学習状況のつまずきなどを具体的に伝えているため。

otukaresama_20181118_13.jpg
これだけでも相当ユニークですが、他にも教育の一環として、羊やヤギなど動物の飼育を通して、餌の量から重さを計って「足し算・引き算」を学んだり、小屋の設置や修復から「工作」を学んだりと、動物を育てる一連の流れが"教育"に繋がっているそう。

otukaresama_20181118_14.jpg
先輩移住者や地元の人にお話を聞くことで、気づきを得た前田さん。
移住が人生をより豊かにしてくれるのかもしれません。

皆さんいかがでしたか? 少しは移住を身近に感じることができましたか? 長野県・伊那市に興味を持てましたか?

「移住体験ツアー」に参加して、移住に興味を持ったり、具体的に候補地を探したくなったら、次のステップとして「お試し移住」にチャレンジしてみてください。

otukaresama_20181118_15.jpg

otukaresama_20181118_16.jpg
伊那市では、とても素敵なお試し移住用の住居を用意し、移住コーディネーターのフォローもバッチリです。

otukaresama_20181118_17.jpg
番組でもご紹介していますので、「移住体験ツアー」、そして「お試し移住」にチャレンジしてくださいね!

また「移住体験ツアー」の他にもテーマ性豊かな「ハーフタイムツアーズ」をたくさんご用意。きっとあなたにピッタリの旅が見つかるはず! この番組が、いつもとは違う旅のきっかけに! NO LIFE NO TRIP!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

カテゴリ一覧