過去の放送

第36回 「くらしを便利(べんり)にするユビキタスって何!?」<前編>

ロボつく研究所は、内田麻理香(うちだまりか)ロボット先生とくらしを便利にする最先端技術(さいせんたんぎじゅつ)“ユビキタス”を大研究!
“ユビキタス”は、例えばパジャマにタグをつけると、風邪(かぜ)をひいて急に熱が出たときにお父さんやお母さんに知らせてくれたり、冷蔵庫(れいぞうこ)にあるものの賞味期限(しょうみきげん)を教えてくれたり、モノと人をつないで未来の生活をサポートしてくれるんだって。

ロボつく実験室は、ロボットのイメージをふくらませるための立体モデル作りにチャレンジ!「牛乳を使ってかんたんにプラスチックができるの?」と実験開始(かいし)!普段飲んでいる牛乳が紙ねんどみたいになっちゃった!絵の具で色をつけて乾燥(かんそう)させたら・・・立体モデルの完成!!「牛乳プラスチック」でいろいろな形を作ってみよう。

2009年6月14日放送





テレビ東京テレビ東京教養・ドキュメンタリー