ルール説明

ポイント

得点の最少単位で1つのプレイで取れる得点のことをポイントと呼びます。
試合はポイントの取り合いで進行していきます。
4ポイント先取すると、1ゲーム獲得できます。お互いに3ポイントで同点の場合「デュース」となり、4ポイント先取だけでなく、相手に2ポイント差をつけなければゲームを取れません。

ポイント 0 1 2 3 4
表示 0 15 30 40 G
読み方 ラブ フィフティーン サーティ フォーティ ゲーム
ポイントの数え方
15-0 15-15 30-15 40-15 40-30 40-40
フィフティーン
ラブ
フィフティーン
オール
サーティ
フィフティーン
フィフティ
フィフティーン
フィフティ
サーティ
デュース アドバンテージ ゲーム

ゲーム

ポイントを4つ先取すると、1つのゲームを取ったことになります。
1ゲームごとにサーブ権を交代します。
ゲームは「ポイント」とは違い、リードしている側を最初に、負けている側を2番目に言います。

※選手Aが2ゲーム、選手Bが1ゲーム取った状態は「2-1」となりますが、そこから選手Bが2ゲーム連取しても「2-3」とはならず、「3-2」となります。

セット

ゲームを6つ先取すると、1セットを獲得します。

タイブレーク

ゲームカウントが6-6になった場合に採用する特殊スコアルールです。
7ポイント先取で「セット」を獲得できるがポイントが6-6となった場合2ポイント差がつくまでプレーは行われます。

グランドスラム3大会(全米オープンテニス以外)では最終セットのタイブレークがない為、2ゲームの差がつくまで試合は行われます。

マッチ

その試合のことを指します。
規定のセット数を先取すると、その試合(マッチ)に勝ちます。
3セットマッチなら2セット先取で、勝ちになります。
※グランドスラム女子シングルス、ダブルスは3セットマッチ
5セットマッチなら3セット先取で、勝ちになります。
※グランドスラム男子シングルスは5セットマッチ

テニスコート

縦23.77m。横8.23m。ラインの幅もコートに含まれます。ダブルスの場合は、横10.97m。
ポスト:高さは1.07m。太さは直径15cm以下。
ネット:高さは中央で91.44cmなければいけません。

コートの種類

【グラスコート】※ウインブルドン
芝生(グラス)のコート
特徴:球足が速い
【クレーコート】※全仏
土(クレー)のコート
特徴:球足が遅く、足腰への負担が少ない
【ハードコート】※全豪、全米
アスファルト、ゴムなどの硬い(ハード)コート
特徴:足腰への負担が比較的高い