2006年3月11日放送

親孝行が出来る旅
 

日頃お世話になっている親に感謝を込め、親子の心温まる旅を一挙紹介。
取材先は北海道・函館、東京都・伊豆大島、静岡県・伊豆、山口県・津和野・萩、大分県湯布院等に及ぶ。
美味しい食事を楽しみながら語らい、絶景を見ながらの温泉で心を触れ合わせる親孝行が出来る旅!


伊豆大島
母感激!椿まつりと 全3室の隠れ宿!!
〜伊豆大島〜

リポーター:水野久美・水野純一

 竹芝から旅が始まる。ジェット船に乗り95分で大島へと向かう。着いた港は元町港。レンタカーを借り、大島一周のドライブを満喫する。港ではべっこう寿司を楽しみ、大島公園椿祭りでは、あんこさんと一緒に踊る。 椿園を見て回った後は、ゲストハウスマシオを目指す。
マシオは、大島西の玄関、元町港から5分の高台にある人気のプライベートハウス。3組限定でしか泊まれない3タイプの部屋は、和風、洋風、アジアン調。エステやミルクバス、開放感ある大浴場も楽しむことができる。海を一望できる露天風呂『浜の湯』も堪能する。

詳細はこちら >>
 
萩・津和野
親子揃って大感激! (得)親孝行プランの温泉宿
〜津和野・萩〜

リポーター:大東めぐみ・美代子(母親)・勝(父親)

 小郡駅から新山口へと名前を変え、「のぞみ」が停車するようになって近くなった山口。まずはJR山口線に乗り換えて、津和野まで行き、レトロで落ち着いた雰囲気が漂う津和野の町を散策する。昼食は「松韻亭」。ここでは日本庭園を眺めながら、地元で取れた素材を生かしヘルシーな田楽や笹蕎麦等を楽しむ。
昼食後は創作民芸工房「和紙の美」で手漉き和紙体験をする。宿泊は湯の口温泉「天宿」。この宿は全9室と小さな宿だが、お年寄りでも安心して宿泊できると評判。食事は近海の幸を中心とした和食で、フグ・すき焼き・鴨鍋から選ぶことができる。
翌日は老舗「城山」では萩焼き体験。そして、娘から両親へ萩焼をプレゼントする。親孝行で有名な吉田松陰を祀った「松蔭神社」にも訪れ、両親のこれからの健康を願い旅を締め括る。

詳細はこちら >>
 
伊豆
親孝行にはうれしい発見! サービス満点の宿
〜伊豆〜

リポーター:原久美子・和子(母親)

 母娘で春間近な伊豆を旅する。まず韮山イチゴ狩センターで新種のイチゴを満喫。その後、同じ敷地内にある菜の花畑で春の訪れを感じながら散歩する。そしてバスに乗り、景色を眺めながら天城越えをする。河津温泉では、竹炭を使って調理するのが特徴の「肉月」で昼食。
食事を楽しんだ後は河津七滝を見物し、様々な特徴がある滝のスケールに親子で驚く。宿泊は「抹茶」を使った様々なサービスが自慢の「つりばし荘」。お風呂は温泉に抹茶を溶かしたお肌にも良い抹茶風呂。抹茶三昧の料理も堪能し、体の外からも中からも綺麗になれる、女性には嬉しいサービスが盛り沢山。次の日は河津桜を見に河津川沿いを歩き、咲き始めたばかりの桜を楽しむ。

詳細はこちら >>
 
湯布院
誰でも一度は行きたい! 名湯を巡る親子旅!
〜湯布院〜

リポーター:吉村明宏・静子

田舎の街中にありながら、若者からお年寄りまでが多く賑わう不思議な街、湯布院。大分空港から高速バスに乗り、一気に湯布院へと向かう。由布院に着くと目の前には高くそびえ立つ由布岳の頂。そんな由布岳を眺めながら大分川沿いを散策し、金鱗湖を目指す。その後、由布院のメインストリートに場所を移し、活気のある街中を親子で歩く。そこで「似顔絵屋」へ立ち寄り、旅の記念に似顔絵を描いてもらう。昼食は由布岳から流れる綺麗で美味しい水を使用した、自家製の豆腐を堪能できる豆腐料理の「花ゆば」。
「豆腐ステーキ」と「出来たて豆腐セット」を楽しむ。食後のコーヒーを求め、同じ湯の坪横丁にある「ゆふいん音楽館」にも立ち寄る。ここでは昔懐かしいレコードを聴きながらコーヒーを味わえる。宿泊は「有楽」。この宿は離れの部屋があり、各部屋に露天風呂や檜風呂がある等、とても落ち着いている。大分で取れる旬の素材を使った懐石料理を満喫する。宿でゆっくりした次の日は、ゆふいんフローラルハウスでの機織体験。息子から母親にマフラーを作ってプレゼントする。

詳細はこちら >>
 
函館
一人暮らしの母に贈る 豪華・新鮮 北の幸づくし
〜函館〜

リポーター:西山浩司・恵美子

まだまだ冬の寒さが残る函館空港に到着。リムジンバスに乗り、函館駅前へと向かう。北海道と言えば、新鮮な魚介類。そこで「函館朝市・朝市どんぶり横丁」を訪れ、茹でたての新鮮なタラバガニを豪快に楽しむ。北海道のカニの美味しさに大喜びした後は、旧函館公会堂へ。ここでハイカラさんの衣装を着て、親子で写真撮影。西山親子はハイカラさんの衣装を着たまま、音楽に合わせてダンスまで踊ってしまう。
倉庫郡の明治館ではオリジナルのオルゴール作りに挑戦。お互いに作ったオルゴールをプレゼントし合う場面も。宿泊は湯の川にある本日の宿「夢窓庵」。ここは洋風なレトロな雰囲気のとてもオシャレな宿。料理も北海道ならではの活毛蟹などの新鮮な魚介類をメインに数多くの料理が並ぶ。翌日は、大沼国定公園へ向かう。大沼湖はまだ氷が張っており、白鳥に餌付けをし、改めて北海道の自然の豊かさと、その美しさを実感する。

詳細はこちら >>